Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エスクレチン(Aesculetin)は、クマリンの誘導体である。天然のラクトンで、ケイ皮酸誘導体の分子間環化によって生成される。配糖体またはコーヒー酸複合体の形で、多くの毒性植物、薬草に含まれる。エスクレチンを含む試料は、抗凝固薬の作用を持ち、ワルファリン等の抗凝固薬と相互作用すると考えられている。この化合物は、日焼け止め剤にも用いられているが、DNA損傷の光線感作物質として働くという証拠も得られている。メチル誘導体のナトリウム塩は、静脈瘤の治療に用いられる。エスクレチンは、植物に含まれる青色蛍光化合物である。エスクレチンのグルコシドであるエスクリンは、長波長の紫外線(360nm)で蛍光を発するが、エスクリンが加水分解されると蛍光は失われる。また、エスクレチンはウシ血清アルブミンの蛍光を消す能力を持つ。エスクレチンは、ラットの肝臓のカテコール-O-メチルトランスフェラーゼとともに培養することによって、スコポレチン(7-ヒドロキシ-6-メトキシクマリン)やイソスコポレチン(6-ヒドロキシ-7-メトキシクマリン)に変化しうる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 6,7-dihydroxy-2-chromenone
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2720121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50176647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Aesculetin.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 67 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 67 (xsd:integer)
  • cichorigenin
  • esculetin
prop-ja:verifiedrevid
  • 443371332 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エスクレチン(Aesculetin)は、クマリンの誘導体である。天然のラクトンで、ケイ皮酸誘導体の分子間環化によって生成される。配糖体またはコーヒー酸複合体の形で、多くの毒性植物、薬草に含まれる。エスクレチンを含む試料は、抗凝固薬の作用を持ち、ワルファリン等の抗凝固薬と相互作用すると考えられている。この化合物は、日焼け止め剤にも用いられているが、DNA損傷の光線感作物質として働くという証拠も得られている。メチル誘導体のナトリウム塩は、静脈瘤の治療に用いられる。エスクレチンは、植物に含まれる青色蛍光化合物である。エスクレチンのグルコシドであるエスクリンは、長波長の紫外線(360nm)で蛍光を発するが、エスクリンが加水分解されると蛍光は失われる。また、エスクレチンはウシ血清アルブミンの蛍光を消す能力を持つ。エスクレチンは、ラットの肝臓のカテコール-O-メチルトランスフェラーゼとともに培養することによって、スコポレチン(7-ヒドロキシ-6-メトキシクマリン)やイソスコポレチン(6-ヒドロキシ-7-メトキシクマリン)に変化しうる。
rdfs:label
  • エスクレチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • cichorigenin
  • esculetin
  • 6,7-dihydroxycoumarin
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of