エコロジー(Ecology)は、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。 エコロジーの省略形「エコ」は和製英語である。 本項目の生態学 (eco-logy) と経済 (eco-nomy) の双方の意味がかかっている。環境と経済は双方に影響し合うという意味がある。

Property Value
dbo:abstract
  • エコロジー(Ecology)は、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。 エコロジーの省略形「エコ」は和製英語である。 本項目の生態学 (eco-logy) と経済 (eco-nomy) の双方の意味がかかっている。環境と経済は双方に影響し合うという意味がある。 (ja)
  • エコロジー(Ecology)は、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。 エコロジーの省略形「エコ」は和製英語である。 本項目の生態学 (eco-logy) と経済 (eco-nomy) の双方の意味がかかっている。環境と経済は双方に影響し合うという意味がある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 43052 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 6009 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77074466 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • エコロジー(Ecology)は、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。 エコロジーの省略形「エコ」は和製英語である。 本項目の生態学 (eco-logy) と経済 (eco-nomy) の双方の意味がかかっている。環境と経済は双方に影響し合うという意味がある。 (ja)
  • エコロジー(Ecology)は、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。 エコロジーの省略形「エコ」は和製英語である。 本項目の生態学 (eco-logy) と経済 (eco-nomy) の双方の意味がかかっている。環境と経済は双方に影響し合うという意味がある。 (ja)
rdfs:label
  • エコロジー (ja)
  • エコロジー (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:occupation of
is foaf:primaryTopic of