Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エクバタナ(Ecbatana、エクバターナ)は、古代ペルシアにあった都市の名。現在のハマダーン(イラン・ハマダーン州)にあたる。古代ペルシア語ではハグマターナ(Haŋgmatana)と呼ばれ、原義は「集いの場所」となる。エクバタナはメディア王国の首都と考えられているほか、その後のアケメネス朝やパルティアの夏の王都(夏営地)にもなった。古代ギリシア語ではエクバタナ(ギリシア語: Ἐκβάτανα, Ekbatana)となるが、アイスキュロスおよびヘロドトスによる資料ではアグバタナ(ギリシア語: Ἀγβάτανα, Agbatana)となっている。ダレイオス1世が刻ませたベヒストゥン碑文にもその名は登場している。ヘブライ語聖書ではエズラ記(6章2節)に「ヘブライ語: אַחְמְתָא‎」(近代ヘブライ語の発音では Aẖmeta アフメタ、ティベリア式発音では ʼAḥməṯā。ラテン語聖書では Ecbatana エクバタナと訳されている)の名で登場する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1167080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58938631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 34.8065 48.51624722222222
rdf:type
rdfs:comment
  • エクバタナ(Ecbatana、エクバターナ)は、古代ペルシアにあった都市の名。現在のハマダーン(イラン・ハマダーン州)にあたる。古代ペルシア語ではハグマターナ(Haŋgmatana)と呼ばれ、原義は「集いの場所」となる。エクバタナはメディア王国の首都と考えられているほか、その後のアケメネス朝やパルティアの夏の王都(夏営地)にもなった。古代ギリシア語ではエクバタナ(ギリシア語: Ἐκβάτανα, Ekbatana)となるが、アイスキュロスおよびヘロドトスによる資料ではアグバタナ(ギリシア語: Ἀγβάτανα, Agbatana)となっている。ダレイオス1世が刻ませたベヒストゥン碑文にもその名は登場している。ヘブライ語聖書ではエズラ記(6章2節)に「ヘブライ語: אַחְמְתָא‎」(近代ヘブライ語の発音では Aẖmeta アフメタ、ティベリア式発音では ʼAḥməṯā。ラテン語聖書では Ecbatana エクバタナと訳されている)の名で登場する。
rdfs:label
  • エクバタナ
owl:sameAs
geo:lat
  • 34.806499 (xsd:float)
geo:long
  • 48.516247 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:没地 of
is prop-ja:生誕地 of
is prop-ja:首都 of
is foaf:primaryTopic of