Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エクジソン(Ecdysone; エクダイソン)は昆虫のホルモンの一種。前胸腺から分泌されるステロイドホルモンで、脱皮(ecdysis)または変態を促進する作用があり、脱皮ホルモン(Molting hormone)とも呼ばれる。エクジソンはホルモン前駆体であり、20-ヒドロキシエクジソン(20E)に代謝されて機能を発揮する。これらの類似構造を持つホルモンを総称してエクジステロイド(ecdysteroid)とも呼ぶ。これらは植物にも存在し、植物エクジソンと呼ぶ。昆虫以外の節足動物にも存在し同様の機能を有する。甲殻類ではY器官から分泌される。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (2S,3R,5R,9R,10R,13R,14S,17R)-17-[(2S,3R)-3,6-ジヒドロキシ-6-メチルヘプタン-2-イル]-2,3,14-トリヒドロキシ-10,13-ジメチル- 2,3,4,5,9,11,12,15,16,17-デカヒドロ- 1H-シクロペンタ[a]ファナントレン-6-オン)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 271340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49858067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Ecdysone.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • (-17- [-3,6-ジヒドロキシ-6-メチルヘプタン-2-イル]-2,3,14-トリヒドロキシ-10,13-ジメチル- 2,3,4,5,9,11,12,15,16,17-デカヒドロ- 1H-シクロペンタ[a]ファナントレン-6-オン)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エクジソン(Ecdysone; エクダイソン)は昆虫のホルモンの一種。前胸腺から分泌されるステロイドホルモンで、脱皮(ecdysis)または変態を促進する作用があり、脱皮ホルモン(Molting hormone)とも呼ばれる。エクジソンはホルモン前駆体であり、20-ヒドロキシエクジソン(20E)に代謝されて機能を発揮する。これらの類似構造を持つホルモンを総称してエクジステロイド(ecdysteroid)とも呼ぶ。これらは植物にも存在し、植物エクジソンと呼ぶ。昆虫以外の節足動物にも存在し同様の機能を有する。甲殻類ではY器官から分泌される。
rdfs:label
  • エクジソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of