Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エカチェリーナ・アレクセーエヴナ・ドルゴルーコヴァ(ロシア語: Екатерина Алексеевна Долгорукова、1712年 - 1747年)は、ロシアの貴族女性。皇帝ピョートル2世の婚約者。アレクセイ・ドルゴルーコフ公爵の娘として生れ、ポーランド大使を務めていた祖父グレゴリー・ドルゴルーコフ公爵のワルシャワの邸宅で、兄弟のイヴァンと一緒に育てられた。伝えられるところでは、エカチェリーナはオーストリア大使メリッシモと恋愛関係にあったという。1729年11月19日、エカチェリーナは皇帝ピョートル2世と公式に婚約を交わし、その2日後に「未来の皇后妃殿下」の称号を授けられた。これは最高枢密院のメンバーとして国政の実権を握っていた父の従兄ヴァシーリー・ルキーチ・ドルゴルーコフ公爵が、自分と皇帝との結びつきを強めるためにお膳立てした婚約であった。エカチェリーナの恋人だったメリッシモは国外に追いやられた。しかし、翌1730年にピョートル2世が死んだことで結婚は実現しないままに終わった。ドルゴルーコフ家の人々はエカチェリーナとピョートルの婚姻が成立していたと偽証したうえで、女帝エカチェリーナ1世の即位した前例を口実に、エカチェリーナをピョートル2世の後継の女帝にしようと企んだが、失敗に終わった。エカチェリーナは宮殿を追われ、ピョートル2世の後を継いだアンナ・イヴァノヴナ女帝によって家族ともどもヴェロゾヴォに流刑となった。1740年になると、エカチェリーナはトムスクの女子修道院に収容された。1741年、エカチェリーナはエリザヴェータ・ペトロヴナ女帝の命令で解放され、女官に任じられて宮廷に戻った。1745年、エカチェリーナはアレクサンドル・ブルス将軍と結婚したが、その2年後の1747年に風邪をこじらせて亡くなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1954173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47303780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エカチェリーナ・アレクセーエヴナ・ドルゴルーコヴァ(ロシア語: Екатерина Алексеевна Долгорукова、1712年 - 1747年)は、ロシアの貴族女性。皇帝ピョートル2世の婚約者。アレクセイ・ドルゴルーコフ公爵の娘として生れ、ポーランド大使を務めていた祖父グレゴリー・ドルゴルーコフ公爵のワルシャワの邸宅で、兄弟のイヴァンと一緒に育てられた。伝えられるところでは、エカチェリーナはオーストリア大使メリッシモと恋愛関係にあったという。1729年11月19日、エカチェリーナは皇帝ピョートル2世と公式に婚約を交わし、その2日後に「未来の皇后妃殿下」の称号を授けられた。これは最高枢密院のメンバーとして国政の実権を握っていた父の従兄ヴァシーリー・ルキーチ・ドルゴルーコフ公爵が、自分と皇帝との結びつきを強めるためにお膳立てした婚約であった。エカチェリーナの恋人だったメリッシモは国外に追いやられた。しかし、翌1730年にピョートル2世が死んだことで結婚は実現しないままに終わった。ドルゴルーコフ家の人々はエカチェリーナとピョートルの婚姻が成立していたと偽証したうえで、女帝エカチェリーナ1世の即位した前例を口実に、エカチェリーナをピョートル2世の後継の女帝にしようと企んだが、失敗に終わった。エカチェリーナは宮殿を追われ、ピョートル2世の後を継いだアンナ・イヴァノヴナ女帝によって家族ともどもヴェロゾヴォに流刑となった。1740年になると、エカチェリーナはトムスクの女子修道院に収容された。1741年、エカチェリーナはエリザヴェータ・ペトロヴナ女帝の命令で解放され、女官に任じられて宮廷に戻った。1745年、エカチェリーナはアレクサンドル・ブルス将軍と結婚したが、その2年後の1747年に風邪をこじらせて亡くなった。
rdfs:label
  • エカチェリーナ・アレクセーエヴナ・ドルゴルーコヴァ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of