Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エオデンドロガレ (Eodendrogale) は、新生代始新世中期のアジアに生息していた樹上性の小型哺乳類である。哺乳綱ツパイ目(登木目)ツパイ科に属する。ツパイ目としては、既知で最古の化石記録である。発見されたのが複数の臼歯のみであるため、骨格の詳細はわかっていない。その形態は細部は異なるものの、現生のホソオツパイ属 Dendrogale に似るが、やや小型である。そこから推定される頭胴長は、ホソオツパイとの比較から10数cm程度とされる。初期のツパイ目の化石記録としては、始新世及び中新世の中国と、パキスタンの新第三紀の地層から発見されたものが知られている。
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2348257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47301884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • * †
prop-ja:下位分類名
prop-ja:名称
  • エオデンドロガレ
prop-ja:地質時代
prop-ja:学名
  • Eodendrogale
prop-ja:
  • †エオデンドロガレ属
prop-ja:
  • ツパイ目
prop-ja:省略
  • 哺乳綱
prop-ja:
  • ツパイ科
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エオデンドロガレ (Eodendrogale) は、新生代始新世中期のアジアに生息していた樹上性の小型哺乳類である。哺乳綱ツパイ目(登木目)ツパイ科に属する。ツパイ目としては、既知で最古の化石記録である。発見されたのが複数の臼歯のみであるため、骨格の詳細はわかっていない。その形態は細部は異なるものの、現生のホソオツパイ属 Dendrogale に似るが、やや小型である。そこから推定される頭胴長は、ホソオツパイとの比較から10数cm程度とされる。初期のツパイ目の化石記録としては、始新世及び中新世の中国と、パキスタンの新第三紀の地層から発見されたものが知られている。
rdfs:label
  • エオデンドロガレ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱
  • エオデンドロガレ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of