Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エウリュステウス(古希: Εὐρυσθεύς, Eurystheus)は、ギリシア神話に登場するミュケーナイ及びティーリュンスの王である。彼に仕えたヘーラクレースに「12の功業」を課した。父はペルセウスの息子ステネロス、母はペロプスの娘ニーキッペー。ヘーラクレースの母アルクメーネーはエウリュステウスの従姉妹に当たる。カール・ケレーニイによれば、エウリュステウスとは、「あまねく強者」の意である。アムピダマースの娘アンティマケーを妻とし、二人の間に娘アドメーテー、アルキュオネー、息子アレクサンドロス、イーピメドーン、エウリュピオス、メントール、ペリメーデースがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1181385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56923530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エウリュステウス(古希: Εὐρυσθεύς, Eurystheus)は、ギリシア神話に登場するミュケーナイ及びティーリュンスの王である。彼に仕えたヘーラクレースに「12の功業」を課した。父はペルセウスの息子ステネロス、母はペロプスの娘ニーキッペー。ヘーラクレースの母アルクメーネーはエウリュステウスの従姉妹に当たる。カール・ケレーニイによれば、エウリュステウスとは、「あまねく強者」の意である。アムピダマースの娘アンティマケーを妻とし、二人の間に娘アドメーテー、アルキュオネー、息子アレクサンドロス、イーピメドーン、エウリュピオス、メントール、ペリメーデースがある。
rdfs:label
  • エウリュステウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of