Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エウプロシュネー(古希: Εὐφροσύνη, Euphrosynē)は、ギリシア神話に登場する女神である。アプロディーテーの侍女である三美神カリスの一柱で歓喜、祝祭を司る。長母音を省略してエウプロシュネとも表記される。また別名で「エウティミアー」(古希: Ευθυμια, Euthymia)とも呼ばれる。古代ギリシア語の「喜び」を意味する ευφροσυνα (エウプロシュナ)が語源。 ゼウスとエウリュノメーの3人の娘の1人で、アグライアー、タレイアと姉妹。一部にはパーシテアー、カレーと姉妹。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1053217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58899215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エウプロシュネー(古希: Εὐφροσύνη, Euphrosynē)は、ギリシア神話に登場する女神である。アプロディーテーの侍女である三美神カリスの一柱で歓喜、祝祭を司る。長母音を省略してエウプロシュネとも表記される。また別名で「エウティミアー」(古希: Ευθυμια, Euthymia)とも呼ばれる。古代ギリシア語の「喜び」を意味する ευφροσυνα (エウプロシュナ)が語源。 ゼウスとエウリュノメーの3人の娘の1人で、アグライアー、タレイアと姉妹。一部にはパーシテアー、カレーと姉妹。
rdfs:label
  • エウプロシュネー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of