Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος/Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos/Eudemos)という名の古代のギリシア人の医者は複数人いる。業績の帰属など彼らを確実に区別するのは難しい。 紀元前4世紀ないし紀元前3世紀に生きたらしい薬剤師で、テオプラストスによれば彼は取引に優れており、バイケイソウを清められることなく取ることができると明言した。 おそらく紀元前3世紀頃に生きた高名な解剖学者で、ガレノスによって当代のヘロフィロス、エラシストラトスと呼ばれた。エウダモスは神経系の解剖学と生理学に特に関心を向けたようである。彼は掌骨と中骨はそれぞれ五つの骨からなっていると考え、この点でガレノスは彼と意を異にしていたが、現代の解剖学者はエウダモスに同意している。しかし、彼は肩峰は分離した骨であるという間違いを犯した。 ティベリウス帝の子小ドルススの妻リウィッラの情夫であったローマの外科医で、23年に小ドルスス毒殺の陰謀でリウィッラとセイヤヌスと結託した。その後、捕えられたエウダモスは後に拷問にかけられて罪状を白状した。また、彼はテミソンの信奉者の一人で、カエリウス・アウレリアヌスによって引用されたテミソンの恐水病と他のいくつかの病気の医学的観察は彼の作品であると考えられている。彼はガレノスによって言及された、メトディコイに属する同名の医者として現れている。 2世紀後半のガレノスの同時代人で個人的な知人。↑ ↑
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2087717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48417382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος/Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos/Eudemos)という名の古代のギリシア人の医者は複数人いる。業績の帰属など彼らを確実に区別するのは難しい。 紀元前4世紀ないし紀元前3世紀に生きたらしい薬剤師で、テオプラストスによれば彼は取引に優れており、バイケイソウを清められることなく取ることができると明言した。 おそらく紀元前3世紀頃に生きた高名な解剖学者で、ガレノスによって当代のヘロフィロス、エラシストラトスと呼ばれた。エウダモスは神経系の解剖学と生理学に特に関心を向けたようである。彼は掌骨と中骨はそれぞれ五つの骨からなっていると考え、この点でガレノスは彼と意を異にしていたが、現代の解剖学者はエウダモスに同意している。しかし、彼は肩峰は分離した骨であるという間違いを犯した。 ティベリウス帝の子小ドルススの妻リウィッラの情夫であったローマの外科医で、23年に小ドルスス毒殺の陰謀でリウィッラとセイヤヌスと結託した。その後、捕えられたエウダモスは後に拷問にかけられて罪状を白状した。また、彼はテミソンの信奉者の一人で、カエリウス・アウレリアヌスによって引用されたテミソンの恐水病と他のいくつかの病気の医学的観察は彼の作品であると考えられている。彼はガレノスによって言及された、メトディコイに属する同名の医者として現れている。 2世紀後半のガレノスの同時代人で個人的な知人。↑ ↑
rdfs:label
  • エウダモス (医者)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of