Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος / Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos / Eudemos)は、ギリシア人に見られる男性名である。エウダモス (太守) - アレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍で、その死後のインド太守。ディアドコイの一人ペイトンの弟で、兄によってパルティア太守に据えられた。ペロポネソス戦争の前頃のナクソスないしパロス生まれの歴史家。アイリアノスによって引用された博物学者。アレクサンドリアのクレメンス、ディオゲネス・ラエルティオス、プロクロスによって言及された天文学史家・地理学者。4世紀の修辞学者でパリ、ウィーン、その他に写本が現存する辞書peri Lhexeon Retorikhonの著者。アリストテレスが彼の失われた対話篇『エウデモス、あるいは魂について』を捧げた人物。ロドスのエウデモス - 古代ギリシアの哲学者。エウダモス (医者) - 古代ギリシアの医者。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1724662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47303728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος / Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos / Eudemos)は、ギリシア人に見られる男性名である。エウダモス (太守) - アレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍で、その死後のインド太守。ディアドコイの一人ペイトンの弟で、兄によってパルティア太守に据えられた。ペロポネソス戦争の前頃のナクソスないしパロス生まれの歴史家。アイリアノスによって引用された博物学者。アレクサンドリアのクレメンス、ディオゲネス・ラエルティオス、プロクロスによって言及された天文学史家・地理学者。4世紀の修辞学者でパリ、ウィーン、その他に写本が現存する辞書peri Lhexeon Retorikhonの著者。アリストテレスが彼の失われた対話篇『エウデモス、あるいは魂について』を捧げた人物。ロドスのエウデモス - 古代ギリシアの哲学者。エウダモス (医者) - 古代ギリシアの医者。
rdfs:label
  • エウダモス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of