Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フラウィウス・エウゲニウス(Flavius Eugenius、生年不詳 - 394年9月6日)は、ローマ帝国の帝位簒奪者である。テオドシウス1世の対立皇帝として帝位を僭称したが、実質的には西ローマを掌握していたアルボガステスの傀儡である。アウグストゥスの称号を要求したキリスト教徒としては、ニカイア信条を採択したキリスト教以外の諸宗派の存在に対しても寛容であろうとした最後の人物である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 745399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57067486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フラウィウス・エウゲニウス(Flavius Eugenius、生年不詳 - 394年9月6日)は、ローマ帝国の帝位簒奪者である。テオドシウス1世の対立皇帝として帝位を僭称したが、実質的には西ローマを掌握していたアルボガステスの傀儡である。アウグストゥスの称号を要求したキリスト教徒としては、ニカイア信条を採択したキリスト教以外の諸宗派の存在に対しても寛容であろうとした最後の人物である。
rdfs:label
  • エウゲニウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of