Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エイモン・デ・ヴァレラ(Éamon de Valera, 正式には Edward George de Valera, 時にアイルランド語式綴りで Éamon de Bhailéara とも、1882年10月14日 - 1975年8月29日)は、アイルランドの政治家。アイルランド共和国第3代大統領。20世紀初頭のアイルランド独立運動を指導し、アイルランド内戦では英愛条約反対派の中心人物であった。最高評議会の第2代議長、初代ティーショク(1937年以降のアイルランド首相の名称)、アイルランド大統領を2期(1959年 - 1973年)務めるなど、生涯にわたってアイルランドの政治的要職を歴任した。その一方で教育者・数学者としての顔も持ち、1922年から死去までアイルランド国立大学の総長職にもあった。彼の功績に対しては賛否両論があるが、20世紀のアイルランドを語る上での重要人物である。日本語ではイーモン・デ・ヴァレラ、イーモン・ド・ヴァレラ、エーモン・デ・ヴァレラとも表記される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 435381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59248198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • エイモン・デ・ヴァレラ
prop-ja:代数
  • 第2
  • 第3
  • 第5
prop-ja:元首
prop-ja:出生日
  • --10-14
prop-ja:各国語表記
  • E'amon de Valera
prop-ja:国名
  • アイルランド
  • アイルランド自由国
prop-ja:就任日
  • --03-09
  • --03-20
  • --06-13
  • --06-25
  • --12-29
prop-ja:政党
prop-ja:死亡日
  • 1975-08-29 (xsd:date)
prop-ja:没地
  • 、ダブリン
prop-ja:生地
  • 、ニューヨーク
prop-ja:画像
  • Eamon de Valera c 1922-30.jpg
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --02-18
  • --06-02
  • --06-23
  • --06-24
  • --12-29
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エイモン・デ・ヴァレラ(Éamon de Valera, 正式には Edward George de Valera, 時にアイルランド語式綴りで Éamon de Bhailéara とも、1882年10月14日 - 1975年8月29日)は、アイルランドの政治家。アイルランド共和国第3代大統領。20世紀初頭のアイルランド独立運動を指導し、アイルランド内戦では英愛条約反対派の中心人物であった。最高評議会の第2代議長、初代ティーショク(1937年以降のアイルランド首相の名称)、アイルランド大統領を2期(1959年 - 1973年)務めるなど、生涯にわたってアイルランドの政治的要職を歴任した。その一方で教育者・数学者としての顔も持ち、1922年から死去までアイルランド国立大学の総長職にもあった。彼の功績に対しては賛否両論があるが、20世紀のアイルランドを語る上での重要人物である。日本語ではイーモン・デ・ヴァレラ、イーモン・ド・ヴァレラ、エーモン・デ・ヴァレラとも表記される。
rdfs:label
  • エイモン・デ・ヴァレラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:inaugural of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:首相等氏名 of
is foaf:primaryTopic of