Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エイメ・デュ・ビュク・ド・リヴェリ(Aimée du Buc de Rivéry、1776年?(1763年?) - ?(1817年?))は、18世紀後半に生きたマルティニーク出身のフランス人女性で、オスマン帝国のスルタンの母后ナクシディル・スルタンと同一視されている人物。名前はエーメ、エメとも表記される。フランス領西インド諸島マルティニーク島の名家の出身で、フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトの最初の妻ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの従妹にあたる。容姿については、混血の美人あるいは金髪の美人であった、とするものがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 678641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52401234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エイメ・デュ・ビュク・ド・リヴェリ(Aimée du Buc de Rivéry、1776年?(1763年?) - ?(1817年?))は、18世紀後半に生きたマルティニーク出身のフランス人女性で、オスマン帝国のスルタンの母后ナクシディル・スルタンと同一視されている人物。名前はエーメ、エメとも表記される。フランス領西インド諸島マルティニーク島の名家の出身で、フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトの最初の妻ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの従妹にあたる。容姿については、混血の美人あるいは金髪の美人であった、とするものがある。
rdfs:label
  • エイメ・デュ・ビュク・ド・リヴェリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of