Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エイニオサウルス(Einiosaurus)は、北西モンタナの上部の白亜紀カンパン階の地層を形成するトゥーメディシン累層で発見された中型の角竜類である。属名は「水牛トカゲ」、そして種小名は、「前に曲がった角」を意味する。この恐竜は、トゥーメディシン累層の上部、約7500万年前の地層で発見された一体分の標本から記載されている。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1331732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2716 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50142811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上目
  • 恐竜上目 Dinosauria
prop-ja:下位分類
  • * E. procurvicornis Sampson, 1995
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下目
  • 角竜下目 Ceratopia
prop-ja:下綱
  • 主竜形下綱 Archosauromorpha
prop-ja:亜目
  • 周飾頭亜目 Marginocephalia
prop-ja:亜科
  • セントロサウルス亜科 Centrosaurinae
prop-ja:亜綱
  • 双弓亜綱 Diapsida
prop-ja:名称
  • Einiosaurus
  • エイニオサウルス
prop-ja:
  • エイニオサウルス Einiosaurus
prop-ja:
  • 鳥盤目 Ornithischia
prop-ja:省略
  • 爬虫綱
prop-ja:
  • ケラトプス科 Ceratopidae
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エイニオサウルス(Einiosaurus)は、北西モンタナの上部の白亜紀カンパン階の地層を形成するトゥーメディシン累層で発見された中型の角竜類である。属名は「水牛トカゲ」、そして種小名は、「前に曲がった角」を意味する。この恐竜は、トゥーメディシン累層の上部、約7500万年前の地層で発見された一体分の標本から記載されている。
rdfs:label
  • エイニオサウルス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 爬虫綱
  • Einiosaurus
  • エイニオサウルス
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of