Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『エイサゴーゲー』(ギリシア語: Εἰσαγωγή)つまりアリストテレスの『範疇論』への「手引き」はポルピュリオスが古代ギリシア語で著し、ボエティウスがラテン語に翻訳した作品で、ポルピュリオスの死後少なくとも千年後まで論理学の標準的な教科書として使われていた。アンモニオス・サッカス、エリアス、ダビデといった古代の批評家たち皆が述べているところによれば、本書は268年-270年にポルピュリオスがシチリアに滞在していた折に執筆され、のちにクリュサオリオンに送られた。本書では、ポルピュリオスの樹として知られている普遍的な実体から個々の存在へ下がっていくという、類と種の階層的分類が述べられており、これは非常に影響力が高い。また、本書の序文では普遍の問題について言及されている。ボエティウスによる本書のラテン語訳は中世ヨーロッパの学校・大学で標準的な教科書として使われ、中世における論理学や普遍の問題の哲学的・神学的発展の土台を提供した。ボエティウス自身やイブン・ルシュド、アベラール、ドゥンス・スコトゥスといった著述家が本書の注釈書を作成している。オッカムのウィリアムのように、それらの注釈書を自身の著作と統合した著述家もいる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2536805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58934125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『エイサゴーゲー』(ギリシア語: Εἰσαγωγή)つまりアリストテレスの『範疇論』への「手引き」はポルピュリオスが古代ギリシア語で著し、ボエティウスがラテン語に翻訳した作品で、ポルピュリオスの死後少なくとも千年後まで論理学の標準的な教科書として使われていた。アンモニオス・サッカス、エリアス、ダビデといった古代の批評家たち皆が述べているところによれば、本書は268年-270年にポルピュリオスがシチリアに滞在していた折に執筆され、のちにクリュサオリオンに送られた。本書では、ポルピュリオスの樹として知られている普遍的な実体から個々の存在へ下がっていくという、類と種の階層的分類が述べられており、これは非常に影響力が高い。また、本書の序文では普遍の問題について言及されている。ボエティウスによる本書のラテン語訳は中世ヨーロッパの学校・大学で標準的な教科書として使われ、中世における論理学や普遍の問題の哲学的・神学的発展の土台を提供した。ボエティウス自身やイブン・ルシュド、アベラール、ドゥンス・スコトゥスといった著述家が本書の注釈書を作成している。オッカムのウィリアムのように、それらの注釈書を自身の著作と統合した著述家もいる。
rdfs:label
  • エイサゴーゲー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of