Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エアー北海道株式会社(エアーほっかいどう、略称 ADK)は、かつて存在した全日本空輸 (ANA) グループの航空会社である。1994年にエアーニッポン (ANK) と北海道の共同出資で設立され、北海道内の離島3路線をANKから継承した。稚内空港と利尻空港、礼文空港を結ぶ路線は、国や道、地元3町の補助を受け、着陸料減免も受けていたが、平均搭乗率30%前後、島民利用者数は1便平均1人台で、路線の維持が極めて困難な状態で、2003年3月31日をもって廃止された。函館空港では奥尻空港便を夏期3往復、冬期2往復運航するほか、函館市内の夜間遊覧飛行も実施していた。こちらも採算にあわず、奥尻空港の滑走路延長にあわせて機材大型化を検討していたが、2004年度決算において前年の稚内線撤退による運賃と補助金収入がなくなった影響により、4千万円余りの債務超過に陥っていたことが発表された。このためエアーニッポンからの借入金返済猶予の上、2006年3月31日をもって廃止され同社は解散。同年7月7日に清算が結了し、12年の歴史に幕を下ろした。函館 - 奥尻線は、同様に北海道が出資する第三セクターで当時日本航空 (JAL) グループだった北海道エアシステム (HAC) が引き継いだ。
dbpedia-owl:commonName
  • エアー北海道株式会社
dbpedia-owl:foundingYear
  • 0005-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:legalForm
dbpedia-owl:locationCity
dbpedia-owl:locationCountry
dbpedia-owl:numberOfEmployees
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:owner
dbpedia-owl:owningCompany
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 160012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57908944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:icao
  • ADK
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コールサイン
  • AIR DREAM
prop-ja:ハブ空港
prop-ja:主要株主
  • エアーニッポン 80%
  • 北海道 20%
prop-ja:保有機材数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:従業員数
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:本社所在地
  • ANK函館空港格納庫内
  • 北海道函館市高松町565-1
prop-ja:業種
  • 5150 (xsd:integer)
prop-ja:特記事項
  • --03-31
prop-ja:社名
  • エアー北海道株式会社
prop-ja:種類
prop-ja:航空会社
  • ADK
  • エアー北海道
prop-ja:英文社名
  • Air Hokkaido Co.,Ltd.
prop-ja:設立
  • --04-05
prop-ja:資本金
  • 3 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エアー北海道株式会社(エアーほっかいどう、略称 ADK)は、かつて存在した全日本空輸 (ANA) グループの航空会社である。1994年にエアーニッポン (ANK) と北海道の共同出資で設立され、北海道内の離島3路線をANKから継承した。稚内空港と利尻空港、礼文空港を結ぶ路線は、国や道、地元3町の補助を受け、着陸料減免も受けていたが、平均搭乗率30%前後、島民利用者数は1便平均1人台で、路線の維持が極めて困難な状態で、2003年3月31日をもって廃止された。函館空港では奥尻空港便を夏期3往復、冬期2往復運航するほか、函館市内の夜間遊覧飛行も実施していた。こちらも採算にあわず、奥尻空港の滑走路延長にあわせて機材大型化を検討していたが、2004年度決算において前年の稚内線撤退による運賃と補助金収入がなくなった影響により、4千万円余りの債務超過に陥っていたことが発表された。このためエアーニッポンからの借入金返済猶予の上、2006年3月31日をもって廃止され同社は解散。同年7月7日に清算が結了し、12年の歴史に幕を下ろした。函館 - 奥尻線は、同様に北海道が出資する第三セクターで当時日本航空 (JAL) グループだった北海道エアシステム (HAC) が引き継いだ。
rdfs:label
  • エアー北海道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Air Hokkaido Co.,Ltd.
  • エアー北海道株式会社
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of