Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エアボーン(英: Airborne)は、兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させることを目的として、飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下すること。グライダーを利用することもある。空中挺進(くうちゅうていしん)または、空輸挺進(くうゆていしん)を略して空挺(くうてい)と言い、自衛隊では空挺と言う語をそのまま用いている。挺進を挺身と書く場合があるが、挺身には「身を捨てる」という意味があり、危険を顧みず自身の身を捨てて敵陣中に降下する姿を形容した語である。これとは別に航空機が離陸した状態のこと。転じて離陸タイミング、離陸した瞬間を指す場合もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 214840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58994064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エアボーン(英: Airborne)は、兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させることを目的として、飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下すること。グライダーを利用することもある。空中挺進(くうちゅうていしん)または、空輸挺進(くうゆていしん)を略して空挺(くうてい)と言い、自衛隊では空挺と言う語をそのまま用いている。挺進を挺身と書く場合があるが、挺身には「身を捨てる」という意味があり、危険を顧みず自身の身を捨てて敵陣中に降下する姿を形容した語である。これとは別に航空機が離陸した状態のこと。転じて離陸タイミング、離陸した瞬間を指す場合もある。
rdfs:label
  • エアボーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兵種 of
is prop-ja:母父 of
is dcterms:subject of
is foaf:primaryTopic of