Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウンベリフェロン (umbelliferone) または7-ヒドロキシクマリン (7-hydroxycoumarin) は、広く天然に存在するクマリン誘導体である。ココナッツ、コリアンダーおよびセイヨウトウキなどのセリ科(保留名Umbelliferae)植物などで生成する。黄色を帯びた白色の結晶で、熱水には僅かしか溶けないがエタノールには溶ける。紫外光を強く吸収する。
dbpedia-owl:iupacName
  • 7-ヒドロキシクマリン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1728841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56543816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Umbelliferone_structure.png
prop-ja:imagename
  • Chemical structure of umbelliferone
prop-ja:iupacname
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ウンベリフェロン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ウンベリフェロン (umbelliferone) または7-ヒドロキシクマリン (7-hydroxycoumarin) は、広く天然に存在するクマリン誘導体である。ココナッツ、コリアンダーおよびセイヨウトウキなどのセリ科(保留名Umbelliferae)植物などで生成する。黄色を帯びた白色の結晶で、熱水には僅かしか溶けないがエタノールには溶ける。紫外光を強く吸収する。
rdfs:label
  • ウンベリフェロン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ウンベリフェロン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of