ウルバヌス8世(ウルバヌス8せい、ラテン語: Urbanus VIII, 英語: Urban VIII, 1568年4月5日 - 1644年7月29日)はバロック時代のローマ教皇(在位:1623年8月6日 - 1644年7月29日)。本名、マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ(Maffeo Vincenzo Barberini)。三十年戦争を通じてみせた聖職者というよりは政治家・統治者としての姿、学問と芸術の庇護、目にあまるネポティズム(親族登用主義)など、さまざまな意味で最後の中世的教皇であった。彼は文化・芸術の庇護者であり、教会改革を進め、教皇国家の領域を史上最大のものに拡大させたが、彼の治世で発生した巨額の負債はローマ教皇庁を弱体化させ、長期にわたってヨーロッパに対し政治的・軍事的影響力を維持していくことを困難なものにした。なお、彼の時代にガリレオ・ガリレイの裁判(第2次裁判)がおこなわれたことでも知られている。

Property Value
dbo:abstract
  • ウルバヌス8世(ウルバヌス8せい、ラテン語: Urbanus VIII, 英語: Urban VIII, 1568年4月5日 - 1644年7月29日)はバロック時代のローマ教皇(在位:1623年8月6日 - 1644年7月29日)。本名、マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ(Maffeo Vincenzo Barberini)。三十年戦争を通じてみせた聖職者というよりは政治家・統治者としての姿、学問と芸術の庇護、目にあまるネポティズム(親族登用主義)など、さまざまな意味で最後の中世的教皇であった。彼は文化・芸術の庇護者であり、教会改革を進め、教皇国家の領域を史上最大のものに拡大させたが、彼の治世で発生した巨額の負債はローマ教皇庁を弱体化させ、長期にわたってヨーロッパに対し政治的・軍事的影響力を維持していくことを困難なものにした。なお、彼の時代にガリレオ・ガリレイの裁判(第2次裁判)がおこなわれたことでも知られている。 (ja)
  • ウルバヌス8世(ウルバヌス8せい、ラテン語: Urbanus VIII, 英語: Urban VIII, 1568年4月5日 - 1644年7月29日)はバロック時代のローマ教皇(在位:1623年8月6日 - 1644年7月29日)。本名、マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ(Maffeo Vincenzo Barberini)。三十年戦争を通じてみせた聖職者というよりは政治家・統治者としての姿、学問と芸術の庇護、目にあまるネポティズム(親族登用主義)など、さまざまな意味で最後の中世的教皇であった。彼は文化・芸術の庇護者であり、教会改革を進め、教皇国家の領域を史上最大のものに拡大させたが、彼の治世で発生した巨額の負債はローマ教皇庁を弱体化させ、長期にわたってヨーロッパに対し政治的・軍事的影響力を維持していくことを困難なものにした。なお、彼の時代にガリレオ・ガリレイの裁判(第2次裁判)がおこなわれたことでも知られている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 150403 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16567 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77884744 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 第235代 ローマ教皇 (ja)
  • 第235代 ローマ教皇 (ja)
prop-ja:先代
prop-ja:就任
  • --08-06
prop-ja:日本語名
  • ウルバヌス8世 (ja)
  • ウルバヌス8世 (ja)
prop-ja:曖昧
  • ウルバヌス (ja)
  • ウルバヌス (ja)
prop-ja:本名
  • (ja)
  • マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ (ja)
  • (ja)
  • マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ (ja)
prop-ja:次代
prop-ja:母校
prop-ja:没地
  • 、ローマ (ja)
  • 、ローマ (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1644-07-29 (xsd:date)
prop-ja:生地
prop-ja:生年月日
  • --04-05
prop-ja:画像
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:
  • 母:カミラ・バルバドーリ (ja)
  • 父:アントニオ・バルベリーニ (ja)
  • 母:カミラ・バルバドーリ (ja)
  • 父:アントニオ・バルベリーニ (ja)
prop-ja:離任
  • --07-29
dct:subject
rdfs:comment
  • ウルバヌス8世(ウルバヌス8せい、ラテン語: Urbanus VIII, 英語: Urban VIII, 1568年4月5日 - 1644年7月29日)はバロック時代のローマ教皇(在位:1623年8月6日 - 1644年7月29日)。本名、マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ(Maffeo Vincenzo Barberini)。三十年戦争を通じてみせた聖職者というよりは政治家・統治者としての姿、学問と芸術の庇護、目にあまるネポティズム(親族登用主義)など、さまざまな意味で最後の中世的教皇であった。彼は文化・芸術の庇護者であり、教会改革を進め、教皇国家の領域を史上最大のものに拡大させたが、彼の治世で発生した巨額の負債はローマ教皇庁を弱体化させ、長期にわたってヨーロッパに対し政治的・軍事的影響力を維持していくことを困難なものにした。なお、彼の時代にガリレオ・ガリレイの裁判(第2次裁判)がおこなわれたことでも知られている。 (ja)
  • ウルバヌス8世(ウルバヌス8せい、ラテン語: Urbanus VIII, 英語: Urban VIII, 1568年4月5日 - 1644年7月29日)はバロック時代のローマ教皇(在位:1623年8月6日 - 1644年7月29日)。本名、マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ(Maffeo Vincenzo Barberini)。三十年戦争を通じてみせた聖職者というよりは政治家・統治者としての姿、学問と芸術の庇護、目にあまるネポティズム(親族登用主義)など、さまざまな意味で最後の中世的教皇であった。彼は文化・芸術の庇護者であり、教会改革を進め、教皇国家の領域を史上最大のものに拡大させたが、彼の治世で発生した巨額の負債はローマ教皇庁を弱体化させ、長期にわたってヨーロッパに対し政治的・軍事的影響力を維持していくことを困難なものにした。なお、彼の時代にガリレオ・ガリレイの裁判(第2次裁判)がおこなわれたことでも知られている。 (ja)
rdfs:label
  • ウルバヌス8世 (ローマ教皇) (ja)
  • ウルバヌス8世 (ローマ教皇) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:列福決定者 of
is prop-ja:列聖決定者 of
is prop-ja:次代 of
is foaf:primaryTopic of