Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウラン・鉛年代測定法とは、天然に存在する放射性物質の1つであるウラン(U)の原子核が崩壊して、それが最終的に鉛(Pb)の原子核に変化することを利用することで、試料(分析対象物)がどのくらい昔に形成されたものであるかを調べる手法である。ウランは、核分裂などが起こった時などの特殊な場合を除いて、いずれ安定して存在可能な鉛に変化する。放射性物質は、その核種によって半減期が決まっているので、試料が形成された、おおよその年代を知ることができるのである。したがって、このウラン・鉛年代測定法は、原子核崩壊による核種変化を利用した放射年代測定の手法の1つであるとも言える。なお、ウラン・鉛年代測定法は、ウラン-鉛法などと表記される場合もあるが、本稿ではウラン・鉛年代測定法という表記に統一する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2595656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58466575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウラン・鉛年代測定法とは、天然に存在する放射性物質の1つであるウラン(U)の原子核が崩壊して、それが最終的に鉛(Pb)の原子核に変化することを利用することで、試料(分析対象物)がどのくらい昔に形成されたものであるかを調べる手法である。ウランは、核分裂などが起こった時などの特殊な場合を除いて、いずれ安定して存在可能な鉛に変化する。放射性物質は、その核種によって半減期が決まっているので、試料が形成された、おおよその年代を知ることができるのである。したがって、このウラン・鉛年代測定法は、原子核崩壊による核種変化を利用した放射年代測定の手法の1つであるとも言える。なお、ウラン・鉛年代測定法は、ウラン-鉛法などと表記される場合もあるが、本稿ではウラン・鉛年代測定法という表記に統一する。
rdfs:label
  • ウラン・鉛年代測定法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of