Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウランプハ砂漠(乌兰布和-)は、中華人民共和国内モンゴル自治区のアラシャン盟からバヤンノール市中部にかけて広がる砂漠。最大で南北が170km、東西が110kmあり、面積は約1万1千平方キロメートルである。ウランブフ、ウランブハなどとも言う。南は賀蘭山、北は狼山、東は吉蘭泰という塩湖、西は河套平原(黄河を挟んでオルドス高原の北側にある)と接する。砂漠の平均標高は1,000~1,100mである。「ウランプハ」はモンゴル語で赤い雄牛を意味する。砂漠の南部は流砂(移動する砂丘)、中央部は畑の畝の形をした砂丘、北部は半固定の砂丘が多い。また、130~140平方キロメートルほどが耕地となっており、小麦、トウモロコシ、甜菜、ヒマワリなどが栽培されている。黄河から引いた灌漑用水や、砂漠に点々とある湖の水が利用されており、日照が豊かなため、牧畜、林業、漁業などが発展するための条件は良いとされる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1531331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52052119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウランプハ砂漠(乌兰布和-)は、中華人民共和国内モンゴル自治区のアラシャン盟からバヤンノール市中部にかけて広がる砂漠。最大で南北が170km、東西が110kmあり、面積は約1万1千平方キロメートルである。ウランブフ、ウランブハなどとも言う。南は賀蘭山、北は狼山、東は吉蘭泰という塩湖、西は河套平原(黄河を挟んでオルドス高原の北側にある)と接する。砂漠の平均標高は1,000~1,100mである。「ウランプハ」はモンゴル語で赤い雄牛を意味する。砂漠の南部は流砂(移動する砂丘)、中央部は畑の畝の形をした砂丘、北部は半固定の砂丘が多い。また、130~140平方キロメートルほどが耕地となっており、小麦、トウモロコシ、甜菜、ヒマワリなどが栽培されている。黄河から引いた灌漑用水や、砂漠に点々とある湖の水が利用されており、日照が豊かなため、牧畜、林業、漁業などが発展するための条件は良いとされる。
rdfs:label
  • ウランプハ砂漠
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of