Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウラル(ロシア語: Урал ССВ-33、ラテン文字表記:Ural)はソ連海軍、後にロシア海軍が運用した情報収集艦。1941計画(Проект 1941 «Титан»、Titan)により建造された艦で、艦番号はССВ-33(SSV-33)、NATOコードネームはカプスタ(Kapusta)。同型艦はないが、ウラルの船体はキーロフ級ミサイル巡洋艦を元に設計されている。ソビエト連邦、ロシア連邦を通じて建造以来最大の原子力船であり、同時に最大の偵察を主任務とする艦である。主要な建造目的としては、アメリカ合衆国のミサイル実験に際して、地上設備だけでは不可能であった軌道追跡を可能とするミサイル追跡艦としてのものであった。艦種記号のССВは、通信艦(Судно Связи、Sudno Svyazyy)の頭字語でありこれが対外的な艦種であったが、正式には情報収集艦であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2310022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50064743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウラル(ロシア語: Урал ССВ-33、ラテン文字表記:Ural)はソ連海軍、後にロシア海軍が運用した情報収集艦。1941計画(Проект 1941 «Титан»、Titan)により建造された艦で、艦番号はССВ-33(SSV-33)、NATOコードネームはカプスタ(Kapusta)。同型艦はないが、ウラルの船体はキーロフ級ミサイル巡洋艦を元に設計されている。ソビエト連邦、ロシア連邦を通じて建造以来最大の原子力船であり、同時に最大の偵察を主任務とする艦である。主要な建造目的としては、アメリカ合衆国のミサイル実験に際して、地上設備だけでは不可能であった軌道追跡を可能とするミサイル追跡艦としてのものであった。艦種記号のССВは、通信艦(Судно Связи、Sudno Svyazyy)の頭字語でありこれが対外的な艦種であったが、正式には情報収集艦であった。
rdfs:label
  • ウラル (情報収集艦)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of