Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウラル語族(ウラルごぞく)は、シベリア(北アジア)中北部、北ヨーロッパ、東ヨーロッパに話者地域が分布する語族である。約2,500万人に話されている。フィン・ウゴル語派(サーミ語、フィンランド語、エストニア語など)、サモエード語派(ネネツ語など)に大別できる。かつてはアルタイ語族とあわせて、ウラル・アルタイ語族を構成するという説もあった。また、インド・ヨーロッパ語族と共にインド・ウラル語族を形成するという説、ユカギール語との同系説(ウラル・ユカギール語族)もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 333230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59196509 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:child
prop-ja:family
prop-ja:familycolor
  • Uralic
prop-ja:iso
  • urj
prop-ja:map
prop-ja:mapCaption
  • ウラル語族の分布図(ただし、ピンク色はユカギール諸語の分布であり、ウラル語族に含まれない)
prop-ja:name
  • ウラル語族
prop-ja:region
prop-ja:urheimat
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウラル語族(ウラルごぞく)は、シベリア(北アジア)中北部、北ヨーロッパ、東ヨーロッパに話者地域が分布する語族である。約2,500万人に話されている。フィン・ウゴル語派(サーミ語、フィンランド語、エストニア語など)、サモエード語派(ネネツ語など)に大別できる。かつてはアルタイ語族とあわせて、ウラル・アルタイ語族を構成するという説もあった。また、インド・ヨーロッパ語族と共にインド・ウラル語族を形成するという説、ユカギール語との同系説(ウラル・ユカギール語族)もある。
rdfs:label
  • ウラル語族
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:languageFamily of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:child of
is prop-ja:fam of
is prop-ja:family of
is foaf:primaryTopic of