Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウラジーミル・ポリエクトヴィッチ・コスチェンコ(ロシア語:Владимир Полиевктович Костенко)(Vladimir Polievktovich Kostenko)(1881年9月20日-1956年1月14日)はロシアの造船技術者。日露戦争当時、、«オリョール (戦艦)»の建造に従事。完成後は造船技官(補)として同艦に乗り組み遠征航海に参加、日本海海戦で惨敗、舞鶴、京都での捕虜生活を体験する。帰国後、ロシア艦隊敗北の理由を詳細に分析・報告し、高い評価を得た。その後も軍艦・造船の分野で活躍。アレクセイ・ノビコフ=プリボイ著『ツシマ(対馬)(Цусима)』で機関科将校(機関士)ワシーリェフとして多くの場面で登場する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2297633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2856 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49162037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウラジーミル・ポリエクトヴィッチ・コスチェンコ(ロシア語:Владимир Полиевктович Костенко)(Vladimir Polievktovich Kostenko)(1881年9月20日-1956年1月14日)はロシアの造船技術者。日露戦争当時、、«オリョール (戦艦)»の建造に従事。完成後は造船技官(補)として同艦に乗り組み遠征航海に参加、日本海海戦で惨敗、舞鶴、京都での捕虜生活を体験する。帰国後、ロシア艦隊敗北の理由を詳細に分析・報告し、高い評価を得た。その後も軍艦・造船の分野で活躍。アレクセイ・ノビコフ=プリボイ著『ツシマ(対馬)(Цусима)』で機関科将校(機関士)ワシーリェフとして多くの場面で登場する。
rdfs:label
  • ウラジミール・コスチェンコ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of