Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウズベキスタンの政治(うずべきすたんのせいじ)は、大統領制の枠組みで行われ、よって大統領は国家元首であると共に政府の代表でもある。行政は政府が行っている。立法は政府と2つの議院(下院と上院)の双方で行っている。ウズベキスタンの経済改革の動きは、政治改革の動きと一致していない。ウズベキスタン政府は1991年9月1日の独立以来代わりに締め付けを強め、反対派への弾圧を強めている。名前は変わったが、制度はソ連崩壊以前と同様のものが残っている。政府は安定と過渡期の改革に向けた段階的な接近が必要だとして議会や野党、メディアの抑圧を正当化し、これまでの共和国の対立と混乱を例に挙げている(最も説得力があるのが、隣国のタジキスタンである)。このような状況は長続きしないとしても、多くの国民から支持されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 915386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54565489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウズベキスタンの政治(うずべきすたんのせいじ)は、大統領制の枠組みで行われ、よって大統領は国家元首であると共に政府の代表でもある。行政は政府が行っている。立法は政府と2つの議院(下院と上院)の双方で行っている。ウズベキスタンの経済改革の動きは、政治改革の動きと一致していない。ウズベキスタン政府は1991年9月1日の独立以来代わりに締め付けを強め、反対派への弾圧を強めている。名前は変わったが、制度はソ連崩壊以前と同様のものが残っている。政府は安定と過渡期の改革に向けた段階的な接近が必要だとして議会や野党、メディアの抑圧を正当化し、これまでの共和国の対立と混乱を例に挙げている(最も説得力があるのが、隣国のタジキスタンである)。このような状況は長続きしないとしても、多くの国民から支持されている。
rdfs:label
  • ウズベキスタンの政治
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of