Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 歴史的にはウクライナには多神教や自然崇拝を行う部族が暮らしていたが、ビザンティン典礼のキリスト教が紀元1000年になるまでに導入された。キエフのキリスト教をビザンティンのキリスト教の優越性と同等の地位に持って行こうとした後の執筆者達は、使徒アンデレ自身が後にキエフに建設される遺跡を訪問したと想像した。しかし10世紀までには台頭しつつあった国家キエフ・ルーシが東ローマ帝国の影響を受けるようになり、945年か957年にコンスタンティノープルに嫁いだオリガが最初にキリスト教に改心した実例として知られている。数年後、オリガの孫ウラジーミル公が人々をドニエプル川で受洗させた。これは古代ルーシ、後のロシアとウクライナに及ぶ東方正教会の長い優位性を誇る歴史の始まりだった。ユダヤ人の貿易商がギリシャの植民地に現れて以来、約2千年に渡ってウクライナにはユダヤ教が存続している。同時期に隣接するハザール・カガン国がユダヤ教の影響を受けた。13世紀以降、ウクライナでのユダヤ人の存在感は劇的に強まった。その後にウクライナでは、ユダヤ教の新しい教え、ハシディズムが確立された。イスラム教はジョチ・ウルスとオスマン帝国との長い論争の歴史によってウクライナにもたらされた。クリミア・タタール人はジョチ・ウルスの一部、後のオスマン帝国の属国になる事でイスラム教を受け容れた。ウクライナの宗教は様々な段階を経たが、注目すべき時代はソビエト連邦時代である。共産主義に基づき、宗教に対する激しい弾圧が行われたため、ごく一部の人々しか教会に行くことを許されなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2619073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57815287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:float
  • right
prop-ja:title
  • ウクライナの宗教の内訳
prop-ja:titlebar
  • #ddd
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 歴史的にはウクライナには多神教や自然崇拝を行う部族が暮らしていたが、ビザンティン典礼のキリスト教が紀元1000年になるまでに導入された。キエフのキリスト教をビザンティンのキリスト教の優越性と同等の地位に持って行こうとした後の執筆者達は、使徒アンデレ自身が後にキエフに建設される遺跡を訪問したと想像した。しかし10世紀までには台頭しつつあった国家キエフ・ルーシが東ローマ帝国の影響を受けるようになり、945年か957年にコンスタンティノープルに嫁いだオリガが最初にキリスト教に改心した実例として知られている。数年後、オリガの孫ウラジーミル公が人々をドニエプル川で受洗させた。これは古代ルーシ、後のロシアとウクライナに及ぶ東方正教会の長い優位性を誇る歴史の始まりだった。ユダヤ人の貿易商がギリシャの植民地に現れて以来、約2千年に渡ってウクライナにはユダヤ教が存続している。同時期に隣接するハザール・カガン国がユダヤ教の影響を受けた。13世紀以降、ウクライナでのユダヤ人の存在感は劇的に強まった。その後にウクライナでは、ユダヤ教の新しい教え、ハシディズムが確立された。イスラム教はジョチ・ウルスとオスマン帝国との長い論争の歴史によってウクライナにもたらされた。クリミア・タタール人はジョチ・ウルスの一部、後のオスマン帝国の属国になる事でイスラム教を受け容れた。ウクライナの宗教は様々な段階を経たが、注目すべき時代はソビエト連邦時代である。共産主義に基づき、宗教に対する激しい弾圧が行われたため、ごく一部の人々しか教会に行くことを許されなかった。
rdfs:label
  • ウクライナの宗教
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of