Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウォータージェット(water jet)とは300MPa程に加圧された水を0.1mm~1mmほどの小さい穴などを通して得られる細い水流のこと。これを用いて切断などの加工を行うことをウォータージェット加工、ウォータージェット切断と言う。また、刃のように切断されるためウォーターカッター (water cutter) とも言われる。ただし、「切る」というよりは「水流の当たった部分を吹き飛ばす」ととらえるほうが正しいイメージである。水流の速度は、多くの場合500~800m/s程だが、マッハ3に達する高速なものもある。水流の速度を落とし、金属面やガラス面についた汚れを落とすこともできる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 239116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56960569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウォータージェット(water jet)とは300MPa程に加圧された水を0.1mm~1mmほどの小さい穴などを通して得られる細い水流のこと。これを用いて切断などの加工を行うことをウォータージェット加工、ウォータージェット切断と言う。また、刃のように切断されるためウォーターカッター (water cutter) とも言われる。ただし、「切る」というよりは「水流の当たった部分を吹き飛ばす」ととらえるほうが正しいイメージである。水流の速度は、多くの場合500~800m/s程だが、マッハ3に達する高速なものもある。水流の速度を落とし、金属面やガラス面についた汚れを落とすこともできる。
rdfs:label
  • ウォータージェット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:推進 of
is foaf:primaryTopic of