Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウォーキング(英語:walking)は、歩くことによって健康増進を目的とした運動である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 419534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58645066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 全国各地の自治体の健康関連部門など公的機関も、ウォーキングコースの設定、ウォーキング大会やウォーキング教室の開催などを開催している。この背景には、増大する医療費を少しでも抑えるために市民の健康増進を図る目的がある。一方、民間団体も健康への効用にとどまらないそれぞれの目的を持って、ウォーキングの普及や推進に取り組んでいる。例えば、鉄道会社や観光協会の主催するウォーキングイベントは利用客や訪問客の増加を、ウォーキング関連商品メーカーは販売促進を目指している。 ウォーキングの利点としては、始める際のハードルが低いことが挙げられる。各スポーツメーカーからはウォーキングシューズなどが販売されてはいるが、始める際には普段履いているスニーカーでも差し支えなく、初期投資がほとんどかからない。また、道路や公園を利用する場合が多く、専用の器具や競技施設を必要としないことから、いつでもどこでも行うことができる。さらに歩行さえ可能であれば、高齢者や身体障害者でも自分のペースでウォーキングに取り組むことができる。一方で、ウォーキング中の交通事故や、不適切なカラダの使い方によって足だけでなく腰・股関節・背中・肩などを痛めるなどの危険もあるため、適切なウォーキング方法が提言されている。 ウォーキングは一人でもできるが、大人数が参加する多種多様なイベントが開催されている。愛好者が集う大会、長距離を歩き自己の限界に挑戦する過酷なスポーツとしての大会、子供を対象に教育的目的で歩く大会などがある。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウォーキング(英語:walking)は、歩くことによって健康増進を目的とした運動である。
rdfs:label
  • ウォーキング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of