Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウォルター・ラフィーバー(Walter LaFeber, 1933年8月30日 - )は、アメリカ合衆国の歴史学者で、コーネル大学教授。専門は、アメリカ外交史。米国で最も著名な修正主義学派の1人として知られ、ウィスコンシン学派と言われている。インディアナ州生まれ。1955年ハノーバー・カレッジ卒業。1956年にスタンフォード大学で修士号を取得後、ウィスコンシン大学に移り、修正主義学派で有名なウィリアム・A・ウィリアムズの下で研究を進め、1959年に博士号取得。1963年から2006年までコーネル大学で教鞭をとる。1998年、著書 The Clash: A History of U. S.-Japan Relations でコロンビア大学よりバンクロフト賞を受賞。また、著書 America, Russia, and the Cold War は現在まで9版を重ね、戦後アメリカ外交史の代表的教科書として知られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 236713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46800337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウォルター・ラフィーバー(Walter LaFeber, 1933年8月30日 - )は、アメリカ合衆国の歴史学者で、コーネル大学教授。専門は、アメリカ外交史。米国で最も著名な修正主義学派の1人として知られ、ウィスコンシン学派と言われている。インディアナ州生まれ。1955年ハノーバー・カレッジ卒業。1956年にスタンフォード大学で修士号を取得後、ウィスコンシン大学に移り、修正主義学派で有名なウィリアム・A・ウィリアムズの下で研究を進め、1959年に博士号取得。1963年から2006年までコーネル大学で教鞭をとる。1998年、著書 The Clash: A History of U. S.-Japan Relations でコロンビア大学よりバンクロフト賞を受賞。また、著書 America, Russia, and the Cold War は現在まで9版を重ね、戦後アメリカ外交史の代表的教科書として知られている。
rdfs:label
  • ウォルター・ラフィーバー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of