Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ウェストサイド物語』(原題:WEST SIDE STORY)は、1950年代にアメリカで製作されたミュージカル。1964年に日生劇場で来日公演が行われた際、当時日生劇場の役員を務めていた劇団四季代表の浅利慶太が「いつか劇団四季で上演したい」と考える。劇団四季は色々なミュージカルを経験して実力を上げ、来日公演から10年を過ぎた1974年に劇団四季の手で上演した。それ以降、劇団四季は断続的に上演を続けている。なお、劇団四季の公演では、タイトルに「・」(なかてん)は付けていない。「ウェスト」の「ェ」は小さい。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 664651 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59104706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ウェストサイド物語』(原題:WEST SIDE STORY)は、1950年代にアメリカで製作されたミュージカル。1964年に日生劇場で来日公演が行われた際、当時日生劇場の役員を務めていた劇団四季代表の浅利慶太が「いつか劇団四季で上演したい」と考える。劇団四季は色々なミュージカルを経験して実力を上げ、来日公演から10年を過ぎた1974年に劇団四季の手で上演した。それ以降、劇団四季は断続的に上演を続けている。なお、劇団四季の公演では、タイトルに「・」(なかてん)は付けていない。「ウェスト」の「ェ」は小さい。
rdfs:label
  • ウエストサイド物語 (劇団四季)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of