Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウエスタン・サルーン(Western Saloon)ないしサルーンは、開拓時代のアメリカ西部に特有のバーである。サルーンは、猟師や、カウボーイ、兵士、砂金掘り、鉱夫、ギャンブラーといった客向けのサービスを行っていた。最初のサルーンは、1822年、ワイオミングのブラウンズホール(Brown's Hole)で、猟師にサービスするために開業した。1850年代後半になると、サルーンという言葉は、酒や食事を出し副次的に宿泊もできる施設として、住所録に登場し、一般に使われるようになった。1880年頃に、サルーンは最盛期を迎えた。例えば、カンザス州レブンワースには、「約150軒ものサルーンと4軒の卸酒屋があった」。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3077087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59051962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウエスタン・サルーン(Western Saloon)ないしサルーンは、開拓時代のアメリカ西部に特有のバーである。サルーンは、猟師や、カウボーイ、兵士、砂金掘り、鉱夫、ギャンブラーといった客向けのサービスを行っていた。最初のサルーンは、1822年、ワイオミングのブラウンズホール(Brown's Hole)で、猟師にサービスするために開業した。1850年代後半になると、サルーンという言葉は、酒や食事を出し副次的に宿泊もできる施設として、住所録に登場し、一般に使われるようになった。1880年頃に、サルーンは最盛期を迎えた。例えば、カンザス州レブンワースには、「約150軒ものサルーンと4軒の卸酒屋があった」。
rdfs:label
  • ウエスタン・サルーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of