Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウェード式(ウェードしき)は、中国語をローマ字によって表記する方法の一つ。19世紀後半にイギリスの中国駐在公使を経てケンブリッジ大学教授となったトーマス・ウェードが使ったローマ字表記法で、その著書『語言自邇集』といった中国語教科書で用いられた。その後ハーバート・ジャイルズが、これに修正を加え『中英辞書』(1892年上海、1912年ロンドン)の発音表記に用いたことで広く普及した。ジャイルズにより改良された方式を「ウェード・ジャイルズ式 (Wade-Giles)」と称するが、日本ではこれを単にウェード式と呼ぶことが一般的である。英語の発音に近づけた表記法であり、かつては英語圏を中心に世界中で広く用いられただけでなく、現在でも台湾の主要都市の地名表記や、英語新聞の記事、戦前から有名な人々の海外での表記に使われている(例:高雄 Kaohsiung、丁光訓 K.H. Tingなど)。1906年の制定から1958年に漢語拼音方案が制定されるまで中国で地名表記に使われた郵政式は、ウェード・ジャイルズ式を元に簡略化し、一部既に慣用になっていた綴りを採り入れたものであった。ウェード式の大きな特徴として有気音と無気音を同じ字母で表記し、その区別にはアポストロフィを用いることが挙げられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 759373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56547991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウェード式(ウェードしき)は、中国語をローマ字によって表記する方法の一つ。19世紀後半にイギリスの中国駐在公使を経てケンブリッジ大学教授となったトーマス・ウェードが使ったローマ字表記法で、その著書『語言自邇集』といった中国語教科書で用いられた。その後ハーバート・ジャイルズが、これに修正を加え『中英辞書』(1892年上海、1912年ロンドン)の発音表記に用いたことで広く普及した。ジャイルズにより改良された方式を「ウェード・ジャイルズ式 (Wade-Giles)」と称するが、日本ではこれを単にウェード式と呼ぶことが一般的である。英語の発音に近づけた表記法であり、かつては英語圏を中心に世界中で広く用いられただけでなく、現在でも台湾の主要都市の地名表記や、英語新聞の記事、戦前から有名な人々の海外での表記に使われている(例:高雄 Kaohsiung、丁光訓 K.H.
rdfs:label
  • ウェード式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of