Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウェルシュケーキ(英語:Welsh cake、ウェールズ語:picau ar y maen)はウェールズの伝統的な菓子である.ベイクストーン(英語:bakestone、ウェールズ語:maen)という鋳鉄製の鉄板の上で1.5cm程度以上の厚みになるよう焼き上げるためベイクストーンとも呼ばれる。ウェルシュケーキは小麦粉、バターまたはラード、鶏卵、砂糖、そしてレーズンから作られる。直径4-6cm、厚さ1.5cm程度の円盤状の形状をしている。温かいまま、あるいは冷やして、上白糖をまぶして供される。スコーンと違って何かを添えて食べることはあまりないが、それでも時には割ってジャムを挟んだ状態で売られていたり、バターを塗ったりすることもある。紅茶とともに食べるのが通例である。ウェールズの一部ではベイクストーンがウェルシュケーキとは別にあり、それは大きくかつ甘みが少ない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1486016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56762128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウェルシュケーキ(英語:Welsh cake、ウェールズ語:picau ar y maen)はウェールズの伝統的な菓子である.ベイクストーン(英語:bakestone、ウェールズ語:maen)という鋳鉄製の鉄板の上で1.5cm程度以上の厚みになるよう焼き上げるためベイクストーンとも呼ばれる。ウェルシュケーキは小麦粉、バターまたはラード、鶏卵、砂糖、そしてレーズンから作られる。直径4-6cm、厚さ1.5cm程度の円盤状の形状をしている。温かいまま、あるいは冷やして、上白糖をまぶして供される。スコーンと違って何かを添えて食べることはあまりないが、それでも時には割ってジャムを挟んだ状態で売られていたり、バターを塗ったりすることもある。紅茶とともに食べるのが通例である。ウェールズの一部ではベイクストーンがウェルシュケーキとは別にあり、それは大きくかつ甘みが少ない。
rdfs:label
  • ウェルシュケーキ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of