Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウェブカラー(英: Web colors)はウェブページのデザインで使う色であり、その色を指定し記述する方法である。16進の色コードはハッシュ記号 (#) が先頭に付与される 。ウェブページのデザインにあたって、ウェブ文書の要素として色を指定する方法はいくつかある。RGBの三つ組みの16進数形式(16進トリプレット)で色を指定することもできる。場合によっては、色名称をつかって指定することもできる。カラーツールや他のグラフィックソフトウェアを色の値を生成するのに使うことが比較的多い。初期の Mosaic や Netscape Navigator はどちらも X Window System のアプリケーションとして始まったということもあり、X11の色名称を基盤としていた。ウェブカラーには sRGB という明確な比色分析的定義があり、特定の蛍光体の色度、所定の伝達曲線、順応性のホワイトポイント、観察条件などに基づいている。これは一般的なコンピュータのモニターとそれを人間が見る環境に合うように選択されており、カラーマネージメントシステムなしでもそれなりの色再現性がある。しかし、指定された色を再現する忠実度はユーザーの環境に左右される。よりよい色忠実度を実現するには、カラーマネジメントを使ったよりよい環境を必要とする。これはウェブのコンテンツを紙に印刷する際に特に重要である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1186232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 41669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58909490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alias
prop-ja:b
  • 0 (xsd:integer)
  • 128 (xsd:integer)
  • 192 (xsd:integer)
  • 255 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • CSS 2.1で追加された色
  • CSS1 / HTML3–4 / VGAの色名称
prop-ja:g
  • 0 (xsd:integer)
  • 128 (xsd:integer)
  • 165 (xsd:integer)
  • 192 (xsd:integer)
  • 255 (xsd:integer)
prop-ja:h
  • 0 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
  • 240 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:htmlName
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:name
prop-ja:r
  • 0 (xsd:integer)
  • 128 (xsd:integer)
  • 192 (xsd:integer)
  • 255 (xsd:integer)
prop-ja:s
  • 0 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:v
  • 0 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 75 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • auto
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウェブカラー(英: Web colors)はウェブページのデザインで使う色であり、その色を指定し記述する方法である。16進の色コードはハッシュ記号 (#) が先頭に付与される 。ウェブページのデザインにあたって、ウェブ文書の要素として色を指定する方法はいくつかある。RGBの三つ組みの16進数形式(16進トリプレット)で色を指定することもできる。場合によっては、色名称をつかって指定することもできる。カラーツールや他のグラフィックソフトウェアを色の値を生成するのに使うことが比較的多い。初期の Mosaic や Netscape Navigator はどちらも X Window System のアプリケーションとして始まったということもあり、X11の色名称を基盤としていた。ウェブカラーには sRGB という明確な比色分析的定義があり、特定の蛍光体の色度、所定の伝達曲線、順応性のホワイトポイント、観察条件などに基づいている。これは一般的なコンピュータのモニターとそれを人間が見る環境に合うように選択されており、カラーマネージメントシステムなしでもそれなりの色再現性がある。しかし、指定された色を再現する忠実度はユーザーの環境に左右される。よりよい色忠実度を実現するには、カラーマネジメントを使ったよりよい環境を必要とする。これはウェブのコンテンツを紙に印刷する際に特に重要である。
rdfs:label
  • ウェブカラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of