Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウェットスーツ(wet suit)は、スクーバダイビング、スキンダイビング、スノーケリング、サーフィン、ウィンドサーフィン(セイルボード)、ヨット、水上オートバイ(ジェットスキー、マリンジェット)などのウォータースポーツ、あるいは、水中土木、レスキュー・サルベージ、海上建築物上での作業などの職業的な水中・水上活動において着用される保護スーツのうち、スーツ内部に水が浸入するタイプのものをいう(水が浸入しないものはドライスーツという)。日本では、釣り(フィッシング)用のウェットスーツは「鮎タイツ」、「鮎ジャケット」などの特有の商品名で呼ばれることも多いが、これらの商品も販売ルートが違うだけで実質的にはウェットスーツそのものである。日本では水温が低い時期に水泳・遊泳することが少ないため、これらの活動でウェットスーツを着用することは比較的少ないが、トライアスロンなどの競技者や、夏でも水温が低い地域、また、日焼けを避けたい場合などには、これらの活動に際してもウェットスーツを着用することがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 611150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58600690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウェットスーツ(wet suit)は、スクーバダイビング、スキンダイビング、スノーケリング、サーフィン、ウィンドサーフィン(セイルボード)、ヨット、水上オートバイ(ジェットスキー、マリンジェット)などのウォータースポーツ、あるいは、水中土木、レスキュー・サルベージ、海上建築物上での作業などの職業的な水中・水上活動において着用される保護スーツのうち、スーツ内部に水が浸入するタイプのものをいう(水が浸入しないものはドライスーツという)。日本では、釣り(フィッシング)用のウェットスーツは「鮎タイツ」、「鮎ジャケット」などの特有の商品名で呼ばれることも多いが、これらの商品も販売ルートが違うだけで実質的にはウェットスーツそのものである。日本では水温が低い時期に水泳・遊泳することが少ないため、これらの活動でウェットスーツを着用することは比較的少ないが、トライアスロンなどの競技者や、夏でも水温が低い地域、また、日焼けを避けたい場合などには、これらの活動に際してもウェットスーツを着用することがある。
rdfs:label
  • ウェットスーツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of