Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィルトンの二連祭壇画またはウィルトン・ディプティク(The Wilton Diptych)は、1395年〜1399年頃に作られた、持ち運びできる小さな二連祭壇画である。イギリスでこうした中世後期の宗教画が残っているのは非常に稀である。絵は、聖母子の前で跪くイングランド王リチャード2世を描いていて、国際ゴシック様式(考えようによってはイギリス美術)の好例と見なされている。ナショナル・コレクションの一つで、現在、ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1263705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47207510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウィルトンの二連祭壇画またはウィルトン・ディプティク(The Wilton Diptych)は、1395年〜1399年頃に作られた、持ち運びできる小さな二連祭壇画である。イギリスでこうした中世後期の宗教画が残っているのは非常に稀である。絵は、聖母子の前で跪くイングランド王リチャード2世を描いていて、国際ゴシック様式(考えようによってはイギリス美術)の好例と見なされている。ナショナル・コレクションの一つで、現在、ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。
rdfs:label
  • ウィルトンの二連祭壇画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像説明 of
is foaf:primaryTopic of