Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィルダネスファーストエイド(WFA:Wilderness First Aid)は、野外・災害救急法、野外救急法とも呼ばれ、主にアウトドアでの事故発生時、医療体制へ引き継ぐファーストレスポンダーとして行動をするための体系だった行動指針である。ウィルダネスファーストエイドの教育にあたっては、野外での応急手当法が学習の中心に置かれるが、アウトドア活動現場からの退避計画、人員のスクリーニングといったアウトドアでのリスクマネージメントも教育内容に含まれる。尚、この項で使用する「野外・アウトドア」とは、日常的に利用される「単なる屋外、屋根が無い場所」といった意味よりも離れ「だれもいない人里離れた場所、遠隔地、僻地、交通の便が非常に制限される場所」といった意味合いで使用している。また、応急手当・救命手当は怪我や病気を治療する行為(医療行為)ではない。あくまでも、負傷者や急病人を医師等に引き渡すまでの間に症状を悪化させないための一時的な措置であることに注意しなければならない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2547597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58687458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウィルダネスファーストエイド(WFA:Wilderness First Aid)は、野外・災害救急法、野外救急法とも呼ばれ、主にアウトドアでの事故発生時、医療体制へ引き継ぐファーストレスポンダーとして行動をするための体系だった行動指針である。ウィルダネスファーストエイドの教育にあたっては、野外での応急手当法が学習の中心に置かれるが、アウトドア活動現場からの退避計画、人員のスクリーニングといったアウトドアでのリスクマネージメントも教育内容に含まれる。尚、この項で使用する「野外・アウトドア」とは、日常的に利用される「単なる屋外、屋根が無い場所」といった意味よりも離れ「だれもいない人里離れた場所、遠隔地、僻地、交通の便が非常に制限される場所」といった意味合いで使用している。また、応急手当・救命手当は怪我や病気を治療する行為(医療行為)ではない。あくまでも、負傷者や急病人を医師等に引き渡すまでの間に症状を悪化させないための一時的な措置であることに注意しなければならない。
rdfs:label
  • ウィルダネスファーストエイド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of