Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィルタ (UILTA, Orok) 民族は、樺太(中部以北)の民族で、ツングース系である。アイヌからはオロッコ (Orokko) と呼ばれた。本来の言語はツングース諸語の系統であるウィルタ語である。樺太では中部・北部に暮らし、シベリアのツングース系諸族と交流をもったほか、樺太中部のニヴフ、南部のアイヌとも交易をしていたらしい。2002年(平成14年)の国勢調査によると、346人がオホーツク海沿岸の樺太北部および南部のポロナイスク(旧敷香町)近郊に居住している。第二次世界大戦前に日本領だった南樺太に居住して日本国籍をもっていた者は、日本の敗戦後に北海道(網走市など)へ移住したりした。現在の推定人口は不明である。1978年の時点では網走市に6世帯13人いたという調査もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 81624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58573037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人口
  • 推定346人(ロシア国内)
prop-ja:宗教
prop-ja:居住地
prop-ja:民族
  • ウィルタ、オロッコ
prop-ja:民族語名称
  • UILTA, Orok
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • ウィルタ民族
prop-ja:言語
prop-ja:関連
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウィルタ (UILTA, Orok) 民族は、樺太(中部以北)の民族で、ツングース系である。アイヌからはオロッコ (Orokko) と呼ばれた。本来の言語はツングース諸語の系統であるウィルタ語である。樺太では中部・北部に暮らし、シベリアのツングース系諸族と交流をもったほか、樺太中部のニヴフ、南部のアイヌとも交易をしていたらしい。2002年(平成14年)の国勢調査によると、346人がオホーツク海沿岸の樺太北部および南部のポロナイスク(旧敷香町)近郊に居住している。第二次世界大戦前に日本領だった南樺太に居住して日本国籍をもっていた者は、日本の敗戦後に北海道(網走市など)へ移住したりした。現在の推定人口は不明である。1978年の時点では網走市に6世帯13人いたという調査もある。
rdfs:label
  • ウィルタ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ethnicity of
is prop-ja:related of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of