Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィリアム・オコーネル・ブラッドリー(英: William O'Connell Bradley、1847年3月18日 - 1914年5月23日)は、19世紀後半のアメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、1895年から1899年まで第32代ケンタッキー州知事を務めた。その後ケンタッキー州議会からアメリカ合衆国上院議員に選ばれた。ケンタッキー州では初めて共和党からの知事であり、ケンタッキー州共和党の父と呼ばれるようになった。民主党の強いケンタッキー州にあって、共和党員としてのその政歴初期ではあまり功績を挙げられなかった。アメリカ合衆国下院議員と上院議員の選挙に2度ずつ出馬して悉く落選した。1880年共和党全国大会でユリシーズ・グラントを大統領候補に推す演説で全国的に注目された後、1887年の州知事選挙で共和党公認候補になった。このときは民主党のサイモン・B・バックナーに敗れたが、それまでの民主党圧倒的有利の形勢を一変させた。1895年に再度州知事候補となった。民主党が自由銀の問題で分裂したことに乗じ、民主党候補のパーカー・ワトキンス・ハーディンを破って当選した。その任期は政治的闘争と暴力沙汰で彩られた。州内で黒人の地位向上を訴え、かなりの前進を果たしたが、州議会で民主党が多数派だったために、その改革の多くを法制化するには至らなかった。論議の多かった次の1899年州知事選挙で、ブラッドリーの後継者ウィリアム・S・テイラーが当選した。民主党候補だったウィリアム・ゴーベルとその副知事候補J・C・W・ベッカムが選挙の結果に異議申し立てを行い、ブラッドリーは共和党のために弁護師団の一部を結成した。その裁判はアメリカ合衆国最高裁判所まで持ち込まれ、最後は民主党有利の判決になった。1907年、ブラッドリーは議会で少数党の共和党員ではあったが、アメリカ合衆国上院議員に選ばれた。このときも民主党内の分裂が奏功した。ブラッドリーは禁酒法に反対しており、そのことは民主党候補のベッカムよりも民主党に対する受けが良かった。ベッカムは妥協の候補者に折れることを拒み、上院議員選びの投票が2か月続けられた後、4人の民主党議員が党派を超えてブラッドリーに投票し、上院議員に選んだ。ブラッドリーの上院議員任期はあまり傑出した働きが見られなかった。次の上院議員選挙で再選を求めないと宣言したその日に、路面電車の事故に巻き込まれた。ブラッドリーは現職のままの1914年5月23日、事故の傷がもとで死んだ。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2992929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34515 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53239419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:alt
  • A heavy-set, balding man in his fifties wearing a black coat and tie and a white shirt, facing left
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthDate
  • --03-18
prop-ja:birthPlace
  • ケンタッキー州ゲアリド郡
prop-ja:branch
prop-ja:dateOfBirth
  • March 18, 1847
prop-ja:dateOfDeath
  • May 23, 1914
prop-ja:deathDate
  • 1914-05-23 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:jr/sr
  • アメリカ合衆国上院議員
prop-ja:lieutenant
prop-ja:name
  • Bradley, William O'Connell
  • ウィリアム・オコーネル・ブラッドリー
  • William O'Connell Bradley
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
prop-ja:order
  • 第32代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
  • Washington, D. C.
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 弁護士
prop-ja:relations
prop-ja:religion
prop-ja:shortDescription
  • Governor of Kentucky, Senator from Kentucky
prop-ja:signature
  • William O. Bradley Signature.svg
prop-ja:signatureAlt
  • W. O. Bradley
prop-ja:spouse
  • マーガレット・ロビンソン・ダンカン
prop-ja:state
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --05-23
  • --12-12
prop-ja:termStart
  • --03-04
  • --12-10
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1895 (xsd:integer)
  • 1909 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ウィリアム・オコーネル・ブラッドリー(英: William O'Connell Bradley、1847年3月18日 - 1914年5月23日)は、19世紀後半のアメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、1895年から1899年まで第32代ケンタッキー州知事を務めた。その後ケンタッキー州議会からアメリカ合衆国上院議員に選ばれた。ケンタッキー州では初めて共和党からの知事であり、ケンタッキー州共和党の父と呼ばれるようになった。民主党の強いケンタッキー州にあって、共和党員としてのその政歴初期ではあまり功績を挙げられなかった。アメリカ合衆国下院議員と上院議員の選挙に2度ずつ出馬して悉く落選した。1880年共和党全国大会でユリシーズ・グラントを大統領候補に推す演説で全国的に注目された後、1887年の州知事選挙で共和党公認候補になった。このときは民主党のサイモン・B・バックナーに敗れたが、それまでの民主党圧倒的有利の形勢を一変させた。1895年に再度州知事候補となった。民主党が自由銀の問題で分裂したことに乗じ、民主党候補のパーカー・ワトキンス・ハーディンを破って当選した。その任期は政治的闘争と暴力沙汰で彩られた。州内で黒人の地位向上を訴え、かなりの前進を果たしたが、州議会で民主党が多数派だったために、その改革の多くを法制化するには至らなかった。論議の多かった次の1899年州知事選挙で、ブラッドリーの後継者ウィリアム・S・テイラーが当選した。民主党候補だったウィリアム・ゴーベルとその副知事候補J・C・W・ベッカムが選挙の結果に異議申し立てを行い、ブラッドリーは共和党のために弁護師団の一部を結成した。その裁判はアメリカ合衆国最高裁判所まで持ち込まれ、最後は民主党有利の判決になった。1907年、ブラッドリーは議会で少数党の共和党員ではあったが、アメリカ合衆国上院議員に選ばれた。このときも民主党内の分裂が奏功した。ブラッドリーは禁酒法に反対しており、そのことは民主党候補のベッカムよりも民主党に対する受けが良かった。ベッカムは妥協の候補者に折れることを拒み、上院議員選びの投票が2か月続けられた後、4人の民主党議員が党派を超えてブラッドリーに投票し、上院議員に選んだ。ブラッドリーの上院議員任期はあまり傑出した働きが見られなかった。次の上院議員選挙で再選を求めないと宣言したその日に、路面電車の事故に巻き込まれた。ブラッドリーは現職のままの1914年5月23日、事故の傷がもとで死んだ。
rdfs:label
  • ウィリアム・O・ブラッドリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:beforeElection of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of