Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィリアム・ランキン(William John Macquorn Rankine 、1820年7月5日 - 1872年12月24日)は19世紀イギリス(スコットランド)の物理学者、工学者、技術者。エディンバラ生まれ。1855年から終生、グラスゴー大学の欽定教授の任にあった。グラスゴーで没。父親も技術者であった。物理学者としては熱力学の分野で業績を残した。長らく主流であった熱素説を否定し、「エネルギー」の用語と概念を導入した。ほぼ同時期のトムソン(ケルヴィン卿)、クラウジウスと並んで、熱力学の基礎を作った人物だと評価されている。温度の単位「蘭氏」(ランキン度)は彼の名前に因む。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthDate
  • 1820-07-05 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:citizenship
dbpedia-owl:deathDate
  • 1924-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 807138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55114285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • (1854年)
prop-ja:birthDate
  • 1820-07-05 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • グレートブリテン及びアイルランド連合王国 エディンバラ
prop-ja:deathDate
  • --12-24
prop-ja:deathPlace
  • グレートブリテン及びアイルランド連合王国 グラスゴー
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • ウィリアム・ランキン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ウィリアム・ランキン(William John Macquorn Rankine 、1820年7月5日 - 1872年12月24日)は19世紀イギリス(スコットランド)の物理学者、工学者、技術者。エディンバラ生まれ。1855年から終生、グラスゴー大学の欽定教授の任にあった。グラスゴーで没。父親も技術者であった。物理学者としては熱力学の分野で業績を残した。長らく主流であった熱素説を否定し、「エネルギー」の用語と概念を導入した。ほぼ同時期のトムソン(ケルヴィン卿)、クラウジウスと並んで、熱力学の基礎を作った人物だと評価されている。温度の単位「蘭氏」(ランキン度)は彼の名前に因む。
rdfs:label
  • ウィリアム・ランキン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ウィリアム・ランキン
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of