Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィリアム・B・ライト(William B. Wright、1843年 - 1912年)は、英国聖公会の宣教師である。日本に派遣されて明治時代に活躍した。1843年にアイルランドに生まれる。アイルランドのダブリンのトリニティ・カレッジを卒業して、1867年に按手礼を受け、祭司に任職される。1875年(明治8年)に来日し、東京四谷に家を借りて、講義所(伝道所)を開設する。英語学校の乙亥英語学校を併設する。初代校長に島田弟丸を任命する。以降、赤坂、青山、小日向などに講義所と英語学校を併設する。英語学校で聖書とキリスト教倫理を教える。さらに、農村地帯まで宣教地を拡大する。1882年に日本を離れて英国に戻る。1912年に英国で死去する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2760770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50485944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ウィリアム・B・ライト(William B. Wright、1843年 - 1912年)は、英国聖公会の宣教師である。日本に派遣されて明治時代に活躍した。1843年にアイルランドに生まれる。アイルランドのダブリンのトリニティ・カレッジを卒業して、1867年に按手礼を受け、祭司に任職される。1875年(明治8年)に来日し、東京四谷に家を借りて、講義所(伝道所)を開設する。英語学校の乙亥英語学校を併設する。初代校長に島田弟丸を任命する。以降、赤坂、青山、小日向などに講義所と英語学校を併設する。英語学校で聖書とキリスト教倫理を教える。さらに、農村地帯まで宣教地を拡大する。1882年に日本を離れて英国に戻る。1912年に英国で死去する。
rdfs:label
  • ウィリアム・ライト (宣教師)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of