Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 初代ランズダウン侯爵、第2代シェルバーン伯爵ウイリアム・ペティ(英: William Petty, 1st Marquess of Lansdowne and 2nd Earl of Shelburne, KG, PC、1737年5月2日 - 1805年5月7日)は、イギリスの政治家、貴族、軍人。ホイッグ党大ピット派の政治家として頭角を現し、大ピット内閣には南部担当国務大臣(在職:1766年-1768年)として入閣した。1778年に大ピットが死去するとその派閥を引き継ぐ。1782年に国王ジョージ3世からの要請でアメリカ独立に前向きなロッキンガム侯爵への楔として彼の内閣に内務大臣(在職1782年3月-7月)として入閣。ロッキンガムの死後には代わって首相(在職1782年-1783年)に任じられた。しかしアメリカ独立を認める仮条約締結を余儀なくされた。仮条約批准をめぐって庶民院の採決に敗れ、1783年2月に総辞職し、以降官職に就くことはなかった。父がシェルバーン伯爵に叙された1751年から自身が爵位を継承する1761年までフィッツモーリス子爵の儀礼称号を使用した。1761年にはシェルバーン伯爵位を継承し、1784年にはランズダウン侯爵に叙せられた。首相在任時の爵位はシェルバーン伯爵だった。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1805-05-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 644193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59237426 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 23 (xsd:integer)
  • 首相
  • 内務大臣
  • 選出庶民院議員
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1760 (xsd:integer)
  • 1761 (xsd:integer)
  • 1763 (xsd:integer)
  • 1766 (xsd:integer)
  • 1782 (xsd:integer)
  • 1784 (xsd:integer)
  • --07-04
  • 同一選挙区同時当選者
  • (1760–1761)
  • (1761)
prop-ja:人名
  • ウィリアム・ペティ
  • 初代ランズダウン侯爵
  • 第2代シェルバーン伯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、ダブリン
prop-ja:出身校
  • オックスフォード大学クライスト・チャーチ
prop-ja:国旗
  • GBR1606
prop-ja:就任日
  • 1760 (xsd:integer)
  • 1761 (xsd:integer)
  • --03-27
  • --07-04
  • --07-30
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、イングランド・ロンドン・
prop-ja:没年月日
  • 1805-05-07 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --05-02
prop-ja:画像
  • William Petty, 2nd Earl of Shelburne by Jean Laurent Mosnier.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 画のシェルバーン伯爵
prop-ja:称号・勲章
  • 初代ランズダウン侯爵、第2代、ガーター勲章勲章士(KG)、枢密顧問官 (PC)
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • 1761 (xsd:integer)
  • 1805 (xsd:integer)
  • --04-02
  • --07-10
  • --10-20
prop-ja:配偶者
  • ソフィア(1765年結婚)
  • ルイーザ(1771年結婚)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 初代ランズダウン侯爵、第2代シェルバーン伯爵ウイリアム・ペティ(英: William Petty, 1st Marquess of Lansdowne and 2nd Earl of Shelburne, KG, PC、1737年5月2日 - 1805年5月7日)は、イギリスの政治家、貴族、軍人。ホイッグ党大ピット派の政治家として頭角を現し、大ピット内閣には南部担当国務大臣(在職:1766年-1768年)として入閣した。1778年に大ピットが死去するとその派閥を引き継ぐ。1782年に国王ジョージ3世からの要請でアメリカ独立に前向きなロッキンガム侯爵への楔として彼の内閣に内務大臣(在職1782年3月-7月)として入閣。ロッキンガムの死後には代わって首相(在職1782年-1783年)に任じられた。しかしアメリカ独立を認める仮条約締結を余儀なくされた。仮条約批准をめぐって庶民院の採決に敗れ、1783年2月に総辞職し、以降官職に就くことはなかった。父がシェルバーン伯爵に叙された1751年から自身が爵位を継承する1761年までフィッツモーリス子爵の儀礼称号を使用した。1761年にはシェルバーン伯爵位を継承し、1784年にはランズダウン侯爵に叙せられた。首相在任時の爵位はシェルバーン伯爵だった。
rdfs:label
  • ウィリアム・ペティ (第2代シェルバーン伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ウィリアム・ペティ
  • 初代ランズダウン侯爵
  • 第2代シェルバーン伯爵
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of