Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィリアム・ジャスタス・ゴーベル(英: William Justus Goebel、1856年1月4日 - 1900年2月3日)は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第34代ケンタッキー州知事に4日間のみ就任していた。知事就任前に暗殺者によって致命傷を負わされ、その翌日に宣誓して知事に就任し、それから4日後に亡くなった。これまでのアメリカ合衆国の州知事で、就任中に暗殺された唯一の者である。テキサス州知事ジョン・B・コナリーは1963年にジョン・F・ケネディ暗殺の巻き添えを食って負傷したが、生き残った。1972年アメリカ合衆国大統領予備選では、アラバマ州現職知事ジョージ・ウォレスが選挙戦中に撃たれて危うく死にかかった。ゴーベルは熟練した政治家として仲間の議員を調停することがうまく、またより良い条件があれば約束を破ることも進んで壊すことも同じくらいにできた。州内の政治マシーンを使って自分の提案を実現させていくのがその手腕であり、「ボスのビル」「ケントンの王」、「ケントンのツァーリ」、「キング・ウィリアム1世」、「征服王ウィリアム」などのニックネームを貰った。ゴーベルの摩擦を作りやすい性格のために多くの政敵を作ったが、鉄道規制など人民主義的な姿勢が多くの友人も作った。この立場の軋轢が1899年ケンタッキー州知事選挙で最大のものになった。民主党員であるゴーベルは、当時の利己的な政治戦術のために党内に分裂を生じさせていた。一方共和党はケンタッキー州でもやっと力を持つようになり、4年前の州知事選挙で初めて知事を当選させていた。このような経過から、知事選挙ではゴーベルと共和党候補のウィリアム・S・テイラーの間で大接戦になった。その結果生まれた政治的に混乱した雰囲気の中で、ゴーベルが暗殺された。その暗殺に関して告発された全ての者は無罪とされるか、あるいは恩赦を受け、その真犯人は不明のままである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2998141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57814667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alternativeNames
  • Goebel, Wilhelm
prop-ja:birthPlace
prop-ja:dateOfBirth
  • January 4, 1856
prop-ja:dateOfDeath
  • February 3, 1900
prop-ja:deathDate
  • 1900-02-03 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州フランクフォート
prop-ja:name
  • Goebel, William
  • ウィリアム・ゴーベル
prop-ja:order
  • ケンタッキー州上院議長代行
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 弁護士
prop-ja:relations
  • ジャスタス・ゴーベルと兄弟
prop-ja:shortDescription
  • Governor of Kentucky; American politician
prop-ja:signature
  • William Goebel Signature.svg
prop-ja:spouse
  • なし
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1900 (xsd:integer)
  • --02-03
prop-ja:termStart
  • 1896 (xsd:integer)
  • --01-31
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1900 (xsd:integer)
prop-ja:元首
  • J・C・W・ベッカム
prop-ja:元首職
  • 副知事
prop-ja:職名
  • 第34代ケンタッキー州知事
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ウィリアム・ジャスタス・ゴーベル(英: William Justus Goebel、1856年1月4日 - 1900年2月3日)は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第34代ケンタッキー州知事に4日間のみ就任していた。知事就任前に暗殺者によって致命傷を負わされ、その翌日に宣誓して知事に就任し、それから4日後に亡くなった。これまでのアメリカ合衆国の州知事で、就任中に暗殺された唯一の者である。テキサス州知事ジョン・B・コナリーは1963年にジョン・F・ケネディ暗殺の巻き添えを食って負傷したが、生き残った。1972年アメリカ合衆国大統領予備選では、アラバマ州現職知事ジョージ・ウォレスが選挙戦中に撃たれて危うく死にかかった。ゴーベルは熟練した政治家として仲間の議員を調停することがうまく、またより良い条件があれば約束を破ることも進んで壊すことも同じくらいにできた。州内の政治マシーンを使って自分の提案を実現させていくのがその手腕であり、「ボスのビル」「ケントンの王」、「ケントンのツァーリ」、「キング・ウィリアム1世」、「征服王ウィリアム」などのニックネームを貰った。ゴーベルの摩擦を作りやすい性格のために多くの政敵を作ったが、鉄道規制など人民主義的な姿勢が多くの友人も作った。この立場の軋轢が1899年ケンタッキー州知事選挙で最大のものになった。民主党員であるゴーベルは、当時の利己的な政治戦術のために党内に分裂を生じさせていた。一方共和党はケンタッキー州でもやっと力を持つようになり、4年前の州知事選挙で初めて知事を当選させていた。このような経過から、知事選挙ではゴーベルと共和党候補のウィリアム・S・テイラーの間で大接戦になった。その結果生まれた政治的に混乱した雰囲気の中で、ゴーベルが暗殺された。その暗殺に関して告発された全ての者は無罪とされるか、あるいは恩赦を受け、その真犯人は不明のままである。
rdfs:label
  • ウィリアム・ゴーベル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:nominee of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of