Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イーノー(古希: Ἰνώ, Īnō)はギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してイノとも表記する。テーバイの王女として生まれ、のちにボイオーティアの王妃となった。死後、ゼウスによって女神とされ、海の女神レウコテアー(Leukothea)あるいはレウコトエー(Leukothoe)として信仰された。レウコテアーとは「白い女神」の意である。カドモスとハルモニアーの娘。兄弟にポリュドーロス、イリュリオス。姉妹にアウトノエー、セメレー、アガウエー。ボイオーティアの王アタマースの後妻となり、二人の息子、レアルコスとメリケルテースを生んだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1272114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57319584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イーノー(古希: Ἰνώ, Īnō)はギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してイノとも表記する。テーバイの王女として生まれ、のちにボイオーティアの王妃となった。死後、ゼウスによって女神とされ、海の女神レウコテアー(Leukothea)あるいはレウコトエー(Leukothoe)として信仰された。レウコテアーとは「白い女神」の意である。カドモスとハルモニアーの娘。兄弟にポリュドーロス、イリュリオス。姉妹にアウトノエー、セメレー、アガウエー。ボイオーティアの王アタマースの後妻となり、二人の息子、レアルコスとメリケルテースを生んだ。
rdfs:label
  • イーノー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of