Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イータ中間子(Eta meson、η)及びイータプライム中間子(eta prime meson、η′)は、アップクォーク、ダウンクォーク、ストレンジクォークとそれらの反クォークから構成される中間子である。チャームクォークやボトムクォークを含むチャームイータ中間子(ηc)とボトムイータ中間子(ηb)は、イータ中間子と同じスピンとパリティを持つクォーコニウムである。トップクォークは、質量が大きすぎて崩壊が速いため、同じような中間子(トップイータ中間子、ηt)を作らない。イータ中間子は、1961年、ベバトロンでのパイ中間子と核子の衝突実験の際に発見された。イータ中間子とイータプライム中間子の質量の差は、クォークモデルが予測するよりも大きくなる。この「η-η'パズル」は、インスタントンの導入によって解決された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2589526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 596 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55874821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イータ中間子(Eta meson、η)及びイータプライム中間子(eta prime meson、η′)は、アップクォーク、ダウンクォーク、ストレンジクォークとそれらの反クォークから構成される中間子である。チャームクォークやボトムクォークを含むチャームイータ中間子(ηc)とボトムイータ中間子(ηb)は、イータ中間子と同じスピンとパリティを持つクォーコニウムである。トップクォークは、質量が大きすぎて崩壊が速いため、同じような中間子(トップイータ中間子、ηt)を作らない。イータ中間子は、1961年、ベバトロンでのパイ中間子と核子の衝突実験の際に発見された。イータ中間子とイータプライム中間子の質量の差は、クォークモデルが予測するよりも大きくなる。この「η-η'パズル」は、インスタントンの導入によって解決された。
rdfs:label
  • イータ中間子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of