Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イーストマン・カラー(Eastman Color)とはイーストマン・コダック(現・コダック)社が1952年に発表した映画用の一本巻のネガ・カラーフィルムである。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーではメトロカラーと称した。35mmのフィーチャー映画製作に用いられ、1950年代半ばまでにはテクニカラーが開発・完成させた先発の三色分解ネガシステムを駆逐してしまった。その主な理由はイーストマン・カラーは通常の白黒カメラで使用可能であり、システムも簡単でより安価であったからである。イーストマン・カラーは今日でも主要なカラーフィルムとして使われ続けている。初期のイーストマン・カラーには褪色が生じたが、改良によりこの問題は軽減した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 764352 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53183331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イーストマン・カラー(Eastman Color)とはイーストマン・コダック(現・コダック)社が1952年に発表した映画用の一本巻のネガ・カラーフィルムである。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーではメトロカラーと称した。35mmのフィーチャー映画製作に用いられ、1950年代半ばまでにはテクニカラーが開発・完成させた先発の三色分解ネガシステムを駆逐してしまった。その主な理由はイーストマン・カラーは通常の白黒カメラで使用可能であり、システムも簡単でより安価であったからである。イーストマン・カラーは今日でも主要なカラーフィルムとして使われ続けている。初期のイーストマン・カラーには褪色が生じたが、改良によりこの問題は軽減した。
rdfs:label
  • イーストマン・カラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of