Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イヴァン・スラツィミル(ブルガリア語: Иван Срацимир、1324年/25年 - 1397年)は、ブルガリアのヴィディンの支配者(在位:1356年 - 1396年)。ブルガリア皇帝イヴァン・アレクサンダルの次男。当時ブルガリアに存在していた第二次ブルガリア帝国から独立した勢力を形成していた。イヴァン・アレクサンダルがイヴァン・スラツィミルの異母弟イヴァン・シシュマンを後継者に選んだ後、イヴァン・スラツィミルは領地のヴィディンに移って皇帝を自称した。ヴィディンがハンガリー王国の攻撃を受けて占領された時、イヴァン・スラツィミルはアレクサンダルから支援を受けてハンガリー軍を撃退した。1371年にアレクサンダルが没した後、イヴァン・スラツィミルは帝国の首都タルノヴォとの繋がりを絶つ。また、タルノヴォからの独立の意思を明確にするためにブルガリア正教会に代えてコンスタンディヌーポリ総主教庁に接近し、コンスタンディヌーポリ総主教庁の下に大主教を置いた。オスマン帝国のバルカン半島侵攻に際しても、イヴァン・スラツィミルが支配するヴィディンは位置上オスマン軍の攻撃を直接受けることは無く、イヴァン・スラツィミルはイヴァン・シシュマンが呼びかけた反オスマン闘争に参加しなかった。1393年にタルノヴォが陥落した後、イヴァン・スラツィミルはオスマン帝国への臣従を破棄し、ハンガリー王ジグモンドが提唱した反オスマン連合軍に参加する。だが、1396年のニコポリスの戦いで連合軍は大敗した後、ヴィディンはオスマン帝国の占領下に置かれる。捕縛されたイヴァン・スラツィミルはブルサに投獄され、この地で絞殺されたと考えられている。イヴァン・スラツィミルの息子のコンスタンティンはブルガリア皇帝を自称し、一時はイヴァン・スラツィミルが支配していた土地の大部分を統制下に置いた。南極のトリニティ半島に位置するスラツィミル丘の名前は、イヴァン・スラツィミルに由来する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2986389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58791039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • イヴァン・スラツィミル
prop-ja:出生日
  • 1324 (xsd:integer)
prop-ja:各国語表記
  • Иван Срацимир
prop-ja:在位
  • 1356 (xsd:integer)
prop-ja:子女
  • ドロテア、コンスタンティンなど
prop-ja:死亡日
  • 1397 (xsd:integer)
prop-ja:母親
  • テオドラ
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王家
  • シシュマン家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:配偶者
  • アンナ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イヴァン・スラツィミル(ブルガリア語: Иван Срацимир、1324年/25年 - 1397年)は、ブルガリアのヴィディンの支配者(在位:1356年 - 1396年)。ブルガリア皇帝イヴァン・アレクサンダルの次男。当時ブルガリアに存在していた第二次ブルガリア帝国から独立した勢力を形成していた。イヴァン・アレクサンダルがイヴァン・スラツィミルの異母弟イヴァン・シシュマンを後継者に選んだ後、イヴァン・スラツィミルは領地のヴィディンに移って皇帝を自称した。ヴィディンがハンガリー王国の攻撃を受けて占領された時、イヴァン・スラツィミルはアレクサンダルから支援を受けてハンガリー軍を撃退した。1371年にアレクサンダルが没した後、イヴァン・スラツィミルは帝国の首都タルノヴォとの繋がりを絶つ。また、タルノヴォからの独立の意思を明確にするためにブルガリア正教会に代えてコンスタンディヌーポリ総主教庁に接近し、コンスタンディヌーポリ総主教庁の下に大主教を置いた。オスマン帝国のバルカン半島侵攻に際しても、イヴァン・スラツィミルが支配するヴィディンは位置上オスマン軍の攻撃を直接受けることは無く、イヴァン・スラツィミルはイヴァン・シシュマンが呼びかけた反オスマン闘争に参加しなかった。1393年にタルノヴォが陥落した後、イヴァン・スラツィミルはオスマン帝国への臣従を破棄し、ハンガリー王ジグモンドが提唱した反オスマン連合軍に参加する。だが、1396年のニコポリスの戦いで連合軍は大敗した後、ヴィディンはオスマン帝国の占領下に置かれる。捕縛されたイヴァン・スラツィミルはブルサに投獄され、この地で絞殺されたと考えられている。イヴァン・スラツィミルの息子のコンスタンティンはブルガリア皇帝を自称し、一時はイヴァン・スラツィミルが支配していた土地の大部分を統制下に置いた。南極のトリニティ半島に位置するスラツィミル丘の名前は、イヴァン・スラツィミルに由来する。
rdfs:label
  • イヴァン・スラツィミル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of