Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インライン展開(Inline expansion または inlining)とは、コンパイラによる最適化手法の1つで、関数を呼び出す側に呼び出される関数のコードを展開し、関数への制御転送をしないようにする手法。これにより関数呼び出しに伴うオーバヘッドを削減する。特に小さくて頻繁に呼ばれる関数では効果的であり、呼び出し側にそのコードを展開することで定数畳み込みなどのさらなる最適化を施せる可能性が生じる。問題点はバイナリコードが一般に肥大化する結果を招く点であり、参照の局所性を損なうほどだったり、リソースの限界を超えると性能がかえって悪化することになる。関数型言語の世界では、インライン展開をβ変換とも呼び、関数型言語の理論的基盤となっているラムダ計算の用語としてよく使われる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 790343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46872320 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • インライン展開(Inline expansion または inlining)とは、コンパイラによる最適化手法の1つで、関数を呼び出す側に呼び出される関数のコードを展開し、関数への制御転送をしないようにする手法。これにより関数呼び出しに伴うオーバヘッドを削減する。特に小さくて頻繁に呼ばれる関数では効果的であり、呼び出し側にそのコードを展開することで定数畳み込みなどのさらなる最適化を施せる可能性が生じる。問題点はバイナリコードが一般に肥大化する結果を招く点であり、参照の局所性を損なうほどだったり、リソースの限界を超えると性能がかえって悪化することになる。関数型言語の世界では、インライン展開をβ変換とも呼び、関数型言語の理論的基盤となっているラムダ計算の用語としてよく使われる。
rdfs:label
  • インライン展開
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of