Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インベストメント鋳造(インベストメントちゅうぞう、英語: investment casting)とは、工業プロセスにおける鋳造方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。ロストワックス鋳造(lost wax casting)とも呼ばれることもある。まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス(蝋)等で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を磁器等で焼き固めて鋳型を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると鋳物が残り完成となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 749625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50528955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • インベストメント鋳造(インベストメントちゅうぞう、英語: investment casting)とは、工業プロセスにおける鋳造方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。ロストワックス鋳造(lost wax casting)とも呼ばれることもある。まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス(蝋)等で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を磁器等で焼き固めて鋳型を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると鋳物が残り完成となる。
rdfs:label
  • インベストメント鋳造
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of