Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インフィールドフライ (Infield Fly) は、野球・ソフトボールにおいて、無死または一死で走者が一・二塁または満塁の時、打者がフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)を打ち上げた際に、それを内野手が普通の守備行為を行えば捕球できる場合に適用される規則である。審判員によってインフィールドフライが宣告されると、ボールが捕球されたかどうかに関わらず、その時点で当該打者はアウトになる。ただしファウルボールになった場合はインフィールドフライにはならない。故意落球と混同されがちであるが、故意落球は、走者が一塁にだけしかいないときやバントでの飛球やライナーでも適用される一方で、野手がインフライトの打球に直接触れて落球した場合にしか適用されないという点や、ボールデッドになる点など、インフィールドフライとは異なる制度である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 162393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58982275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • インフィールドフライ (Infield Fly) は、野球・ソフトボールにおいて、無死または一死で走者が一・二塁または満塁の時、打者がフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)を打ち上げた際に、それを内野手が普通の守備行為を行えば捕球できる場合に適用される規則である。審判員によってインフィールドフライが宣告されると、ボールが捕球されたかどうかに関わらず、その時点で当該打者はアウトになる。ただしファウルボールになった場合はインフィールドフライにはならない。故意落球と混同されがちであるが、故意落球は、走者が一塁にだけしかいないときやバントでの飛球やライナーでも適用される一方で、野手がインフライトの打球に直接触れて落球した場合にしか適用されないという点や、ボールデッドになる点など、インフィールドフライとは異なる制度である。
rdfs:label
  • インフィールドフライ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of